« 4月24日 「その先へ」 | トップページ | 5月1日 「貧しいけれど豊か」 »

2016年5月 1日 (日)

北部日記 5月1日

北海教区の総会が、28~29日、札幌北光教会で行われました。波乱の場面もなく、おちついた会議となりました。
 開会礼拝では、ディヴァン・スクルマン宣教師の説教の後、遺愛学院に新着任の森野真理さんの准允式、また高濱心吾・高濱梨紗お二人(札幌元町教会)の按手式が行われました。なお札幌元町教会では5月29日にお二人の就任式を予定しています。
 教区の常置委員選挙では、新たに信徒2名教職2名の方々が選ばれました。
 また、今年秋に行われる教団総会の議員も選出されました。
 教区の決算・予算、新年度計画なども可決されましたが、特別決議として「安倍政権が進める憲法9条改正を阻止するための行動を推進する」「アイヌ民族の権利を回復する運動の推進」が決議され、また緊急の議員提案として提出された、北星学園余市高校の存続を求める要望書が採択されました。
 今回の総会には、東北教区から布田秀治牧師、関東教区から島田進牧師が来られて、東日本大震災の被災地の現状を伝えてくださいました。また、長年にわたって宣教師を派遣して北海道の宣教を支えてくださったカナダ合同教会からのメッセージが伝えられ、昨年隠退されたウィットマー宣教師ご夫妻への感謝のひとときももたれました。
 厳しい課題も多いのですが、それでも教区に連なるさまざまな人たちのつながりと思いを確かめあい、励ましあう機会となりました。

« 4月24日 「その先へ」 | トップページ | 5月1日 「貧しいけれど豊か」 »

北部日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520602/63560974

この記事へのトラックバック一覧です: 北部日記 5月1日:

« 4月24日 「その先へ」 | トップページ | 5月1日 「貧しいけれど豊か」 »