« 7月17日 「新しい歌」 | トップページ | 7月24日 「海の岸で」 »

2016年7月24日 (日)

7月24日 北部日記

 こどもたちは夏休み、教会でもキャンプのシーズンです。キャンプの計画にも、それぞれの教会の性格があらわれますね。北部教会のキャンプは、食事にこだわり、計画はおおざっぱで、ひたすら遊ぶ、いかにも北部らしいプログラムです。
 以前、ある方に「教会のキャンプは、家族旅行と同じだと思っています。だいたいの計画はあっても、そのときの状況でどんどん変更していいんじゃないでしょうか」と言われてはっとしたことがあります。それまで、教会のキャンプは事前に綿密な計画を立てるものと思ってきました。キャンプのテーマや目的・ねらいを明示し、効果的なプログラムを組み立て、担当者を割り当て、スケジュールを確認し・・・それにくらべて、北部教会ではこんなにおおざっぱな計画でいいのだろうか、と内心思っていたところだったのです。「家族旅行」というのは思ってもいなかった発想でした。そういわれてみれば、それまであるべきキャンプの計画としてイメージしていたのは学校や会社の研修旅行のようなものだったのでしょう。
 これはキャンプだけのことではないと思いました。教会を形成していくとき、そのモデルとして無意識のうちに「学校」や「会社」のような組織をイメージしてしまっているのではないでしょうか。学校のように教育的であることや、会社のように効率的であることを求めてしまいがちです。しかし、教会は「家族」あるいは「親戚一同」のような集まりでいいのだと気づかされたのです。

« 7月17日 「新しい歌」 | トップページ | 7月24日 「海の岸で」 »

北部日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520602/63956092

この記事へのトラックバック一覧です: 7月24日 北部日記:

« 7月17日 「新しい歌」 | トップページ | 7月24日 「海の岸で」 »