« 8月7日 「水の上の都」 平和聖日 | トップページ | 北部日記 8月21日 »

2016年8月14日 (日)

北部日記 8月14日

◇8月1~6日、北日本三教区の協力による「親子短期保養プログラム」が行われ、東北から親子11組が北海道を訪れました。今回は帯広教会・新得教会の方々が、プログラムの企画から食事のお世話まで一手に引き受け、心のこもったおもてなしで迎えてくださいました。出会いと交わりが、双方の心に深く残ったことでしょう。
◇きょうの礼拝説教を秋山千四郎牧師にお願いしました。秋山先生には、ちょうど10年前、地区間交換講壇でおいでいただきました。その後、何人かの方々が口々に「かっこいい先生でした・・・」とうっとり感想を・・・。北見望が丘教会また北見のぞみ幼稚園の働きを長く担い、道東地区・北海教区で信頼されてきた秋山先生でしたが、この3月で北見を離れ、現在は札幌で充電中です。きょうは、久しぶりの「かっこいい先生」との交わりをお楽しみに。
◇先月の教会懇談会で相談しましたように、10月9日午後、北部教会創立40周年記念「ほくぶカフェ」として、三浦綾子記念文学館特別研究員の森下辰衛さんの講演会を行います。森下さんから「“にもかかわらず愛されるとき奇蹟は起きる”~三浦綾子の自伝『道ありき』が語る希望」との講演題をいただいきました。また、講演を聞くにあたり、あらかじめ読んでおいたほうがいい三浦作品について尋ねたところ、『道ありき』をぜひ、ということでした。「もっと読んでいただける方は『氷点』(正・続)『泥流地帯』『銃口』あたりが良いと思います」とのこと。読書の秋にむけて、とりくんでみましょう。

« 8月7日 「水の上の都」 平和聖日 | トップページ | 北部日記 8月21日 »

北部日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520602/64049716

この記事へのトラックバック一覧です: 北部日記 8月14日:

« 8月7日 「水の上の都」 平和聖日 | トップページ | 北部日記 8月21日 »