« 北部日記 9月25日 | トップページ | 9月25日「神の重荷」 »

2016年9月26日 (月)

9月18日 「信仰と生活」

主の神殿の門に立ち、この言葉をもって呼びかけよ。そして、言え。
「主を礼拝するために、神殿の門を入って行くユダの人々よ、皆、主の言葉を聞け。イスラエルの神、万軍の主はこう言われる。お前たちの道と行いを正せ。そうすれば、わたしはお前たちをこの所に住まわせる。主の神殿、主の神殿、主の神殿という、むなしい言葉に依り頼んではならない。この所で、お前たちの道と行いを正し、お互いの間に正義を行い、寄留の外国人、孤児、寡婦を虐げず、無実の人の血を流さず、異教の神々に従うことなく、自ら災いを招いてはならない。そうすれば、わたしはお前たちを先祖に与えたこの地、この所に、とこしえからとこしえまで住まわせる。 (エレミヤ7章2~7節)
 日曜日、教会の礼拝に、いやしと慰めを求めて来る人は少なくないでしょう。しかし、生活を支え保っていくために平安といやしを求めるような信仰のありかたが、厳しく問われるときがあります。 
 ユダ王国が滅亡にむかう不安な時代、人々は神殿での礼拝に平安と慰めを求めていました。神殿では祭司たちがおごそかな儀式をとり行い、「あなたがたは救われた」と祝福し、安心して生活にもどるよう励ましました。そうやって人々は生活を支え保つよりどころを与えられていたのです。
 ところが、そこに現れたエレミヤは、「主の神殿」というよりどころはむなしい気休めだ、「救われた」といっても、そうやって戻っていく生活そのものが変わらないなら無意味だ、と厳しいことばを告げたのです。
 信仰は、今の生活を保ち守っていくための手段でしょうか。私たちは、自分の思い描く生活が支えられるように礼拝をささげ神に祈るのでしょうか。それは、神を手段とすることではないでしょうか。
 信仰は、神を手段ではなく目的とすることです。神を目的とし中心とするとき、信仰が、私たちをほっとさせ生活を守り支えるものではなくなることがあります。信仰が、生活を問い、「道を正せ」と迫り、これまでの生活を崩し、変えていくことがあるのです。
 自分の生活を変えることなく、ただ自分を守り支えることだけを求める信仰は、むしろ神にそむくものだと語ったエレミヤは、人々の怒りを買い、殺されかけます(エレミヤ26章)。ずっと後、同じように神殿を批判した主イエスはついに殺されます。生活を守り支えるために信仰を利用することは、ついには神の子を殺すのです。信仰によって道を正し、生活を変えるよう求めるエレミヤの声を、受けとめることができるでしょうか。

« 北部日記 9月25日 | トップページ | 9月25日「神の重荷」 »

説教要旨」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520602/64258369

この記事へのトラックバック一覧です: 9月18日 「信仰と生活」:

« 北部日記 9月25日 | トップページ | 9月25日「神の重荷」 »