« 9月25日「神の重荷」 | トップページ | 10月2日 「みことばを食べる」世界聖餐日 »

2016年10月 2日 (日)

北部日記 10月2日

 先週のバザーは好天にめぐまれ、はりきって準備を進めることができました。いつもよりお客さんの数が少ないようでしたが、その分、売り場の担当者もゆっくり買い物に回って楽しめたようです。
 今回も中標津伝道所を通じて限定販売チーズをとりよせて販売しました。こうすると中標津伝道所の収入となるのです。ところが、チーズをとりよせるには送料がかかります。30個入りー箱ちょうどだと送料無料になるのですが、需要にくらべ30個では品不足で60個では多すぎます。そこで、同じ日にバザーを行う札幌元町教会と札幌富丘伝道所に声をかけ、それぞれ10個ずつ引き受けてもらって北部教会では40個を売ることにしました。チーズとバザーで4つの教会がつながりました。
 また、今回のバザーには東札幌教会と新発寒教会からの出店もありました。それぞれの教会の会計を支えるため、いろいろユニークな商品を販売していました。とくに新発寒教会は、いま新会堂の建築工事中で自分の教会ではバザーが行えないいっぽう、建築のために多くの資金を集めなければなりません。北部教会のバザーでの収益が、少しでも力になればうれしいことです。
 今回のバザーは、太平子どもの家の運営資金のために行われました。少しでも収益を増やそうとバザー委員会がよびかけ、実際に収益はここ数年の実績を上回りそうです。けれどもそれ以上に、多くの人たちや、また共にある諸教会との出会い、つながり、交わり、協力がうれしいバザーとなりました。朝の礼拝でとびだした、「バザーは楽しいのが給料!」という名言のとおり、たくさん与えられたバザーでした。

« 9月25日「神の重荷」 | トップページ | 10月2日 「みことばを食べる」世界聖餐日 »

北部日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520602/64285348

この記事へのトラックバック一覧です: 北部日記 10月2日:

« 9月25日「神の重荷」 | トップページ | 10月2日 「みことばを食べる」世界聖餐日 »