« 地区間交換講壇 | トップページ | 10月23日 「その日がきたら」 収穫感謝日 »

2016年10月23日 (日)

北部日記 10月23日

 先週、交換講壇で美唄教会を訪れました。
 美唄教会は、1950年代の「北海道特別開拓伝道」で生まれた教会のひとつです。当時、発展が見込まれた炭鉱の町に伝道が進められ、美唄めぐみ幼稚園も開設されました。状況は一転して炭鉱は閉山していきますが、その後も教会は地域社会の課題をしっかりと担ってきました。週報には、21日に行われる「国際平和南空知集会」について、「美唄教会も幹事団体のひとつです」と参加のよびかけがありました。沖縄の基地や差別の問題にもずっと関心をよせています。
 礼拝は20名ほどでしたが、こどもやその親の世代、そして年配の人たちと、バランスよく集っていました。礼拝の後はもちよりの愛餐会。教会員それぞれが腕をふるった料理が、食べきれないほど並びます。皆で楽しくお話しながらいただきました。年に一度みんなで研修旅行をするということですが、なるほど仲のよさが伝わってきました。
 いっぽう、この日、北部教会を訪れた木村先生からは、「北部教会では歓迎していただいてとっても楽しかったです。それにしても、皆さん、しっかりとお話しされるんですねえ」との感想が。愛餐会でマイクが回ると誰もがきちんと自分の考えを述べるのはすごい、というのです。言われないとあんがい気づかない、北部教会の賜物ですね。
 さて、今日は、女性の会で札幌富丘伝道所をお訪ねします。昨年度、北部教会の一日修養会でS藤さんから富丘伝道所のお話を聞きました。他の諸教会と出会い、理解と交流を深めることが、今後の北部教会の力ともなっていくでしょう。

« 地区間交換講壇 | トップページ | 10月23日 「その日がきたら」 収穫感謝日 »

北部日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520602/64384428

この記事へのトラックバック一覧です: 北部日記 10月23日:

« 地区間交換講壇 | トップページ | 10月23日 「その日がきたら」 収穫感謝日 »