« 12月18日 「逆らう者によりそう神」  | トップページ | 北部日記 1月1日 »

2016年12月31日 (土)

12月25日 「神の子の福音」 クリスマス礼拝

ヨハネが捕らえられた後、イエスはガリラヤへ行き、神の福音を宣べ伝えて、「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」と言われた。(マルコ1章14~15節)
 マルコ福音書にはクリスマスの物語は記されていませんが、主イエスの出現にかかわって「福音」という語がくりかえされています。冒頭に「神の子イエス・キリストの福音の初め」とありますが、これが本来のこの書物のタイトルです。「初め」とは、「源」「根本」の意味です。この書物は、神の子の福音の根本を示すためにかかれました。
 マルコは、主イエスが現われたとき、「神の福音」として「神の国は近づいた」と宣べ伝えたことを記しています。「神の国」とは、神の支配のことです。山浦玄嗣さんは、「神さまのおとりしきり」と訳しました。神様がすべてをとりしきりコントロールしてくださる、私たちを放っておくことなくすべてをはからってくださる、そういう神の支配の実現が福音として告げ知らされ、それを信じるよう呼びかけられたのです。
 マルコはこの後、このように福音を知らせた主イエスの言動を記していきます。人々を教え、悪霊を追い出し、病をいやすその働きに、神の支配の実現が証されていきます。ところが、それゆえに主イエスは権力者に憎まれ、捕えられ、殺されてしまいます。ほんとうに神がすべてを支配されるのなら、どうしてこんなことになってしまったのでしょう。
 マルコ福音書は、その主イエスの復活の知らせを記して終わります。神の支配の実現を告げる福音に始まり、最後に主イエスの復活の知らせを記し、これを信じるかどうか問いかけているのです。信じる者にとっては、この書物に記された主イエスの生涯と働き、そして十字架と復活が、神の救いのできごとを告げる福音となります。主イエスご自身が、福音そのものなのです。
 神の子イエス・キリストという福音が与えられました。クリスマスは、神の子の福音の初めです。福音を受けとめて信じましょう。

« 12月18日 「逆らう者によりそう神」  | トップページ | 北部日記 1月1日 »

説教要旨」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520602/64701344

この記事へのトラックバック一覧です: 12月25日 「神の子の福音」 クリスマス礼拝:

« 12月18日 「逆らう者によりそう神」  | トップページ | 北部日記 1月1日 »