« 1月22日 「ほかの舟も」 | トップページ | 北部日記 2月5日 »

2017年1月29日 (日)

北部日記 1月29日

 毎年、教会では「一日修養会」として学びの時をもつようにしています。きょうの午後、教会の今年度の主題『40年のその先へ、共に』をテーマとして一日修養会を行います。
 年度主題の『共に』の句には、「他の諸教会と共に」という意味が含まれています。40周年を喜び迎えたわたしたちの教会が、これまで以上に他の諸教会との連帯・協力を意識し、また使命としていくよう覚えるねらいがあります。
 その背景には、北海教区の諸教会の厳しい状況があります。とくに道北・道東では無牧師のまま次年度もまだ牧師を迎えるめどがたっていない教会もいくつもあります。困難を抱えるのは、無牧師となった教会だけではありません。無牧師教会には「代務者」を置く必要があり、たいてい近隣の教会の牧師が代務者となって月1回程度その教会に行くのですが、今は代務者のなり手も不足がちです。さらに、代務者を送り出す教会にとっても、毎月1回は牧師が留守になることになり、その日曜日の礼拝をどうするかもかなり重い負担なのです。こうした、無牧師教会や、代務者の教会を支えることが、目下の課題になっているのです。
 すでに各教会で、けんめいにさまざまな取り組みが進められています。そのポイントは、教会の支えあい、連帯です。互いの課題を覚え、共に労苦を分かち合うとき、そこにふしぎにゆたかな恵みが与えられ、喜びが生まれているのです。
そうした恵みを、私たちもこれまでに味わってきました。その体験を分かちあい、これからの北部教会の役割についていっしょに考えましょう。

« 1月22日 「ほかの舟も」 | トップページ | 北部日記 2月5日 »

北部日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520602/64821516

この記事へのトラックバック一覧です: 北部日記 1月29日:

« 1月22日 「ほかの舟も」 | トップページ | 北部日記 2月5日 »