« 2月19日「わたしを何者というのか」 | トップページ | 2月26日 「信仰のない時代」 »

2017年2月26日 (日)

北部日記 2月26日

 昨年末、『置かれた場所で咲きなさい』などの著書で知られる渡辺和子氏が亡くなりました。その人生にとって、父である渡辺錠太郎陸軍大将が1936年の2・26事件の際に目の前で殺害されたことは大きなできごとであったといいます。
 ちょうど81年前の2月26日に起こったクーデター未遂事件は、渡辺和子氏だけでなく、もちろん日本中に大きな衝撃を与え、後々に深い影響を残した事件です。陸軍内部に派閥争いがあり、「軍や政府の腐敗した上層部を排除して天皇が直接政治を指導することで、社会のさまざまな問題が解決される」と信じた「皇道派」の若い将校たちが、力ずくで自分たちの理想を実現しようとしたのです。
 簡単に比べることはできませんが、青年将校たちの考え方に、たとえばアメリカでトランプ大統領が支持されるのと同じような傾向を感じます。「既存のしくみやその中で上に立ってきた人々は信用できない。自分たちの信じるあの人が思いのままに治めれば、きっと世の中をよくしてくれる。力ずくででもそれを実現するのがよいことだ」という、素朴で単純な期待と乱暴な方法論です。
 今の日本の社会や、政治の運営にも、同じような傾向が強まっているのをおそれます。多くの深刻な課題にとりかこまれ、いっこうに事態が解決していかない閉塞感の中、それでも理性的に考えていねいに議論を積み重ねていく忍耐と知性を追い求めることで、2・26を乗りこえていかなければならないのです。

« 2月19日「わたしを何者というのか」 | トップページ | 2月26日 「信仰のない時代」 »

北部日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520602/64940613

この記事へのトラックバック一覧です: 北部日記 2月26日:

« 2月19日「わたしを何者というのか」 | トップページ | 2月26日 「信仰のない時代」 »