« 北部日記 3月19日 | トップページ | 3月26日「できるかぎりのこと」 »

2017年3月26日 (日)

北部日記 3月26日

 ちょうど50年前の1967年3月26日は、イースターでした。この日の日付で、日本基督教団は「第二次大戦下における日本基督教団の責任についての告白」を発表しました。終戦から22年後のことでした。
 戦争を遂行するにあたり、政府はあらゆる分野を通して国民を統制しようとしていました。宗教に関しても1939年に「宗教団体法」を成立させて宗教教団・団体の管理を強め、それによって1941年にはプロテスタントの諸教派・団体・教会が「日本基督教団」に統合されます。以後、「日本基督教団」の名のもとに戦争体制への協力が実施されていきました。戦争のために献金・物資を集め人を動員したりするだけでなく、神社に参拝し、天皇を拝み、勝利を祈り、戦闘意欲を鼓舞しました。1944年のイースターには「日本基督教団より大東亜共栄圏に在る基督教徒に送る書簡」を公表し海外のキリスト者に日本軍への協力を要求したのでした。
 戦後の日本基督教団では、そうした戦争中のありかたを深く省みるよりも、むしろ「戦争中は圧迫を受けた被害者だった」という意識が強く、戦争中の指導者であいかわらず教団の重職をつとめ続ける人もいました。それに対し、反省と変革を求める若手の牧師たちが中心となって「戦争責任告白」が準備されます。発表後、教団ではこれをめぐって賛否の激しい議論が巻き起こりました。その影響は今も残っています。
 それでも、50年たった今、「戦争責任告白」はある程度は定着し、一定の評価も得ていると言えるでしょう。そして今もこの告白は、日本基督教団のありかた、そして日本の社会の歩みを問い続けているのです。

« 北部日記 3月19日 | トップページ | 3月26日「できるかぎりのこと」 »

北部日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520602/65065254

この記事へのトラックバック一覧です: 北部日記 3月26日:

« 北部日記 3月19日 | トップページ | 3月26日「できるかぎりのこと」 »