« 2月26日 「信仰のない時代」 | トップページ | 3月5日 「仕えるために」 »

2017年3月 5日 (日)

北部日記 3月5日

☆レント(受難節)に入りました。キリストの苦難をしのぶ期間ですが、教団の日課ではあえて「復活前第○主日」と掲げています。いまの世の矛盾や理不尽な社会に苦しみ痛むうめきに、主の負われた十字架が重ねあわされます。このつらく厳しい時代を、しかし、苦難を経て神のもたらす復活の希望に向かっていく「復活前」の時と信じるのです。
☆先週、とわの森三愛高校の卒業礼拝での説教に赴きました。礼拝に集まってきた700名以上の全校生徒はがやがやと騒がしく、先生たちがけんめいに「静かに!」と呼びかけます。けれども、礼拝が始まると、しんとなって耳を傾けてくれました。若者たちが、しっかりと心を確かに自分の道を進んでいくことを願い、神さまのはからいを信じる幸いを伝えたいと思いました。
☆きょうの礼拝後、青年会主催で二組の方々の結婚のお祝い会を行います。若い人たちの歩みをみんなで祝福しましょう。とくに、黒*さんはこの3月で札幌を離れて東京に戻ります。これまで歩みを共にしてくださった感謝をあわせてお送りしましょう。
☆19日の礼拝には説教者として札幌元町教会の高濱心吾牧師をお迎えします。札幌元町教会は、高濱心吾・高濱梨紗両牧師を招聘しましたが、教会財政は厳しく、今年度、各教会に「宣教協力献金」を呼びかけました。おとなりの教会としてどのように応えるか、役員会で相談してきましたが、この日、高濱牧師をお迎えするのにあわせ、献金をよびかけることとしました。ぜひお覚えください。

« 2月26日 「信仰のない時代」 | トップページ | 3月5日 「仕えるために」 »

北部日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520602/64971028

この記事へのトラックバック一覧です: 北部日記 3月5日:

« 2月26日 「信仰のない時代」 | トップページ | 3月5日 「仕えるために」 »