« 北部日記 4月30日 | トップページ | 5月7日 「忍耐を示されて」 »

2017年5月 7日 (日)

北部日記 5月7日

 先週、北海教区の総会が開かれました。議長選挙が行われ、さらにまた1期2年、議長をつとめることになりました。選挙の前に「すでに4期8年をつとめたので、そろそろ次の方に」と発言したのですが、あとで皆に「あれは逆効果」とひやかされました。副議長・書記も再選されましたが、大きな働きを担ってきた日向恭司教区幹事は、あと1年で退任されます。これからを次の世代に受け渡していくことが、この2年の課題です。
 総会の二日目の朝の祈祷会は留萌宮園伝道所の三浦忠雄牧師の担当でした。アイヌ民族情報センター主事でもある三浦牧師は、急遽、アイヌ民族の遺骨返還運動を進めている長老の小川隆吉さんに声をかけて議場に来ていただき、挨拶をされるようはからってくださいました。民族の誇りを示す衣装を身につけて講壇に立った小川隆吉さんの姿に、厳粛な感銘が広がりました。
 2月に行われた韓国へのスタディツアーの報告会が行われ、参加者から何人か感想を語ってくださいました。中でも、18歳で参加したYさんの、率直でまた感性ゆたかな感想に、これも感動を深くしました。
 浦河伝道所を浦河教会とする議案が提案され、教会員のKさんが皆の前で願いを訴えました。温かい拍手と共に議案は可決されました。
 兵庫教区の大仁田拓朗議長が来られ、北海教区との宣教協約を願う兵庫教区の思いを伝えてくださいました。北海教区の連帯の経験を分かちあいたいと申し出てくださる兵庫教区の姿勢に励まされました。
 課題と共に、恵みと希望をも見出した総会でした。

« 北部日記 4月30日 | トップページ | 5月7日 「忍耐を示されて」 »

北部日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520602/65242568

この記事へのトラックバック一覧です: 北部日記 5月7日:

« 北部日記 4月30日 | トップページ | 5月7日 「忍耐を示されて」 »