« 北部日記 7月9日 | トップページ | 北部日記 7月16日 »

2017年7月15日 (土)

7月9日 「世代をこえて」

わたしは、昼も夜も祈りの中で絶えずあなたを思い起こし、先祖に倣い清い良心をもって仕えている神に、感謝しています。わたしは、あなたの涙を忘れることができず、ぜひあなたに会って、喜びで満たされたいと願っています。そして、あなたが抱いている純真な信仰を思い起こしています。その信仰は、まずあなたの祖母ロイスと母エウニケに宿りましたが、それがあなたにも宿っていると、わたしは確信しています。(テモテ二1章3~5節)

 5節には手紙の受取人テモテの信仰のルーツが記されています。使徒言行録16章1~3節によれば、テモテの父はギリシア人でした。異邦人と結婚した母は、それでもテモテに聖書を教え(3:15)、信仰を伝えました。テモテは、キリスト教会の第2世代の最初のひとりといえるでしょう。
 信仰を、世代をこえて伝えていくことは大きな課題です。日本の教会は、明治以来、熱心に伝道してきましたが、信徒の家庭で信仰がなかなか受け継がれてこなかった現実があります。しばしば親の側に「信仰を押しつけてはいけない」というためらいが生じます。教会もまた、「信仰は、自分で理解して選び取っていくもの」という発想があったのではないでしょうか。そうして、こどもたちを教会の外にしかおいてこなかったのではないでしょうか。
 こどもたちをどう受けとめるかは、教会のありかたにかかわります。教会が、何かの働きや能力、学識とか抽象的な議論を求めるところならば、こどもたちの居場所はあまりありません。しかし、教会を、共に生き、暮らし、育っていく共同体と考えると、こどもたちは欠くことができない存在です。
 私自身、信徒の家庭で生まれ育った第2世代です。生まれたときから教会で育てられてきたことは幸いでした。「自分で選んだのではない」と悩んだこともありましたが、けっきょくそれを受け入れて洗礼を受けました。
幼児洗礼を受けている人もいます。幼児洗礼は、ただ、こどもへの祝福や親の信仰の証を意味するのではなく、教会がその子を受け入れ、覚え、その生涯のために祈りつづけるということです。幼児洗礼にかかわらず、こどもたちのために祈りつづけましょう。
 また、テモテの信仰は、地域の諸教会の交わりのなかではぐくまれたものでした(使徒16:2)。若い世代にかかわる地区・教区の働きを覚えましょう。

« 北部日記 7月9日 | トップページ | 北部日記 7月16日 »

説教要旨」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520602/65537958

この記事へのトラックバック一覧です: 7月9日 「世代をこえて」:

« 北部日記 7月9日 | トップページ | 北部日記 7月16日 »