« バザー | トップページ | 北部日記 9月17日 »

2017年9月16日 (土)

9月10日 「キリストの現われ」

実に、すべての人々に救いをもたらす神の恵みが現れました。その恵みは、わたしたちが不信心と現世的な欲望を捨てて、この世で、思慮深く、正しく、信心深く生活するように教え、また、祝福に満ちた希望、すなわち偉大なる神であり、わたしたちの救い主であるイエス・キリストの栄光の現れを待ち望むように教えています。キリストがわたしたちのために御自身を献げられたのは、わたしたちをあらゆる不法から贖い出し、良い行いに熱心な民を御自分のものとして清めるためだったのです。十分な権威をもってこれらのことを語り、勧め、戒めなさい。だれにも侮られてはなりません。(テトス2章11~15節)

 
 有能で頼もしい伝道者テトスにあてた手紙の2章11~14節は、当時の教会で用いられていた儀式の式文か讃美歌の歌詞と考えられています。そこに記されただいじな教えを守るよう勧められています。
 11節と13節に「現れ」という語が繰り返されています。もとは「エピファネイア」という語で、キリストの「現われ」を祝う「エピファニー 公現日」の語源です。11節の「すべての人々の救いをもたらす神の恵みが現われました」とは、主イエス・キリストの生涯と、十字架と復活のできごとを通して現された神の救いのできごとを指しています。
 13節にも「キリストの栄光の現れを待ち望む」とあります。これは、いつかキリストが再びおいでになる再臨のことです。キリストの教会は、キリストがいつか再び現われてくださることを信じてきました。今の時代がどんなによこしまで苦しく悪い時代であったとしても、いつかそれは終わり、キリストの救いが完成するという、祝福に満ちた希望として「キリストの現われ」を待ち望んでいるのです。
 12節は、過去と未来の「キリストの現われ」の間のわたしたちの生き方を示しています。「思慮深く、正しく、信心深く」とありますが、それぞれ自分自身、隣人、そして神に対する姿勢を示したものだと解説している人がいます。14節も、こうした二つの「キリストの現われ」の間の生き方を、重ねて述べているようです。
 伝説では、テトスはクレタ島で教会のために働き、この地で長寿をまっとうしたといいます。テトス自身も、そしてわたしたちも、かつてのキリストの現われに支えられ、未来の現れを待ち望んで「思慮深く、正しく、信心深く」生きるよう促され、導かれているのです。

« バザー | トップページ | 北部日記 9月17日 »

説教要旨」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月10日 「キリストの現われ」:

« バザー | トップページ | 北部日記 9月17日 »