« 北部日記 9月24日 | トップページ | お月見コンサート »

2017年9月30日 (土)

9月24日 「苦悩の友」 

サタンは主の前から出て行った。サタンはヨブに手を下し、頭のてっぺんから足の裏までひどい皮膚病にかからせた。ヨブは灰の中に座り、素焼きのかけらで体中をかきむしった。
彼の妻は、「どこまでも無垢でいるのですか。神を呪って、死ぬ方がましでしょう」と言ったが、ヨブは答えた。「お前まで愚かなことを言うのか。わたしたちは、神から幸福をいただいたのだから、不幸もいただこうではないか。」このようになっても、彼は唇をもって罪を犯すことをしなかった。
さて、ヨブと親しいテマン人エリファズ、シュア人ビルダド、ナアマ人ツォファルの三人は、ヨブにふりかかった災難の一部始終を聞くと、見舞い慰めようと相談して、それぞれの国からやって来た。遠くからヨブを見ると、それと見分けられないほどの姿になっていたので、嘆きの声をあげ、衣を裂き、天に向かって塵を振りまき、頭にかぶった。彼らは七日七晩、ヨブと共に地面に座っていたが、その激しい苦痛を見ると、話しかけることもできなかった。 (ヨブ2章7~13節)

 正しい人ヨブに突然災難がふりかかります。家畜や子どもたちを失い、自分自身も全身を皮膚病におかされます。これらは、神にそむいた者にもたらされる災いとして律法に記されています(申命記28章31節以下)。ヨブは神にそむいたというのでしょうか。
 妻からも冷ややかなことばを向けられたヨブのところに友人たちが訪ねてきます。ヨブの惨状にことばを失い、共に座って嘆くばかりでした。ようやく口を開いたヨブは、生まれてこなければよかった、と絶望を訴えます(3:3,11)。驚いた友人たちがたしなめますが、ヨブはなお、死ぬことを願います(6:8~9)。そして、慰めに来たはずの友人たちとの間で、激しい口論になるのです。災いを神からのものと受けとめた(1:21、2:10)はずのヨブが、なぜ急に態度を変えて絶望を口にするようになったのでしょう。
 ヨブにむけた妻のことばは「神を讃えて死になさい(9節)」と訳せます。彼女は、財産とこどもを失ってヨブ以上の痛みと悲しをこうむったはずです。きれいごとをいうばかりで、苦悩を口にしないヨブに、腹立たしく、もどかしく思ったのではないでしょうか。妻のことばはヨブに刺さったでしょう。
 そこにやってきて寄り添ってくれた友にむかってヨブは初めて率直に思いをぶちまけます。ヨブと友人との長く厳しい議論も、互いの信頼が背景にあったはずです。率直にやりあえる友の存在は、ヨブの幸いでした。
 ヨブ記の結末で、神は友人たちとヨブとの和解をもとめます。それによってヨブには苦難にまさる祝福が与えられました。苦悩の中、共にある友の存在が、ヨブと妻に新しい祝福を導いたのです。わたしたちの教会の交わりも、互いの「苦悩の友」でありたいと思います。

« 北部日記 9月24日 | トップページ | お月見コンサート »

説教要旨」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520602/65857207

この記事へのトラックバック一覧です: 9月24日 「苦悩の友」 :

« 北部日記 9月24日 | トップページ | お月見コンサート »