« 10月22日 「神に挑む」 | トップページ | 北部日記 11月5日 »

2017年10月29日 (日)

北部日記 10月29日

 近年、10月31日の「ハロウィン」の行事が定着し、街は関連商品であふれています。いまやバレンタインデーより経済効果は大きいとか。
 いっぽう、この日は教会では「宗教改革記念日」とされています。ちょうど500年前の1517年10月31日、マルティン・ルターが、ローマ教皇に問いかける95か条を教会の扉に貼りだし、それがきっかけとなって大きな変革が始まったとされています。
 このふたつが同じ日付なのは、単なる偶然ではないようです。
 キリスト教が伝わる以前のヨーロッパでは、この時期に、死者の霊を迎え精霊たちをまつる祭が行われていました。やがてキリスト教会はこの習慣をとりいれて、11月1日を「諸聖人の日 (All Saints' Day)」としました。しかし、古くからの祭のならわしが、この日の前夜の「ハロウィン」の行事として残り、やがてアメリカに伝わって商業主義と結びついて20世紀中ごろからは大々的なイベントに発展してきました。
 いっぽう、教会では「諸聖人の日」が祝日として定着しましたが、ルターの時代、この日に聖人ゆかりの遺物を教会で開帳し、ごりやくを宣伝することが行われていました。ルターは、そうした信仰のありかたに疑問を突きつける「95か条」を、あえてその前日に公表したと考えられます。
 ルターがこの日「95か条」を実際に教会の扉に貼りだしたのかどうか、確かな記録はないのですが、それでも10月31日の日付を意識して何らかの形で公表されたことは確かなようです。信仰と教会とが新しくされていった、始まりの日付です。

« 10月22日 「神に挑む」 | トップページ | 北部日記 11月5日 »

北部日記」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北部日記 10月29日:

« 10月22日 「神に挑む」 | トップページ | 北部日記 11月5日 »