« 北部日記 11月12日 | トップページ | 11月19日 「答えてみよ」 »

2017年11月19日 (日)

北部日記 11月19日

☆ろくろく公園の木の葉が、この秋はことのほか美しく赤や黄色に色づいて、目を楽しませてくれました。教会の公園側のベランダの周囲の壁面は、この公園の紅葉の色を写して塗装したものです。この時期、公園から会堂を見るのも色が重なって一興でした。やがて木々の葉も落ち、朝の冷え込みに冬支度をせきたてられました。落葉を集め、花壇の枯れたコスモスを抜き、雪折れしないようハマナスの枝を縛り、ブドウを剪定し、植木鉢を片付け、除雪機の準備もできました。いよいよ雪の季節です。厳しい冬の日々を守られますように。
☆交換講壇で旭川六条教会を訪れました。会員数180名、礼拝出席約80名と、道北地区はもちろん、北海教区でも大きな役割を担っている教会です。この教会で義父が信仰生活を送り、教会の交わりをよろこび楽しんでいました。お世話になった教会員の方々も、年齢を重ねながら礼拝を大切に集ってきていました。この教会はまた、作家の三浦綾子さんが属した教会としても知られています。夫の三浦光世さんともども、誠実に教会生活を送っていました。教会員もまた、今なお親しみと敬愛をこめて三浦さんご夫妻の思い出を語ってくださいます。かねがね、三浦綾子さんの作品には旭川六条教会の信仰のありかたが反映していると思っています。今回、教会員の方々から、「三浦さんの新作を読んだとき、あのときに礼拝や集会で聞いたことだ、と思いあたることも何度かありました」と聞きました。旭川六条教会は、三浦文学をはぐくんだ教会でもあるのです。

« 北部日記 11月12日 | トップページ | 11月19日 「答えてみよ」 »

北部日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520602/66056662

この記事へのトラックバック一覧です: 北部日記 11月19日:

« 北部日記 11月12日 | トップページ | 11月19日 「答えてみよ」 »