« 北部日記 1月7日 | トップページ | 1月7日「解放の始まり」 »

2018年1月13日 (土)

北部日記 1月14日

 礼拝の最後に「祝祷」がなされます。祝福の祈りです。単なる閉会のことばではありません。「礼拝のクライマックス」とまで言われるほど、大切なことばです。
 これまで、牧師が不在の際には、大野牧師に祝祷をお願いしていました。しかし今後はどうしたらいいか、先週の役員会で少し相談しました。まだ結論は出ていませんが、当面、「黙祷」することとしました。
 実は、牧師でなければ祝祷をしてはいけない、と定められているわけではありません。教団では、かつていろいろ議論がなされ、現在は祝祷に関する規定はありません。それでも、なんとなく「祝祷は牧師がするもの」と考えられているようです。
 先週行われた北海教区年頭修養会は、「みんなでつくる礼拝」をテーマに、礼拝について学びました。講演に引き続き、ワークショップとして「祝祷のことばを考える」という時間がありました。数名ずつグループに分かれ、手引に従ってそれぞれ祝祷のことばを作ってみるのです。
 祝祷のことばを創作するのは、新鮮なとりくみでした。礼拝に集められ、日常の問題を主に告白し、福音のみことばをいただき、祝福されてまた日常生活に戻っていく礼拝の意味を、その日の礼拝にふさわしい祝福のことばをみんなで考えることを通していっそう深く考えることができました。
 これから、時代の環境や条件がどんどん変わっていく中、教会の礼拝の形もまた柔軟に考えていっていいのだと促されました。わたしたちの教会にとって、ちょうどよいタイミングでの年頭修養会の学びでした。

« 北部日記 1月7日 | トップページ | 1月7日「解放の始まり」 »

北部日記」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北部日記 1月14日:

« 北部日記 1月7日 | トップページ | 1月7日「解放の始まり」 »