« ほくぶカフェ | トップページ | 1月28日 「恐れから喜びへ」 一日修養会 »

2018年1月28日 (日)

北部日記 1月28日

☆きょう、教会の一日修養会として、「これからの北部教会」について考え、話し合います。昨年秋から、教会の財政や、牧師の働きをめぐって懇談会を重ねてきました。それらを踏まえて、さらに前進するよう導きを求めましょう。
☆先週月曜日、東京での会議に出席したのですが、帰るころには大雪となり、羽田空港に向かう電車も遅れぎみに。ようやく空港につくと、次々に欠航のアナウンス。さいわい予約した便は時間通りに機内へ案内され、席につくことができました。ところが、それからそのまま機内で待つこと2時間半、とうとう「この便は欠航となりました」と、降ろされてしまいました。しかたなく、一人暮らしの息子のところに泊まろうと、アルバイト先の息子を訪ねると、「ええっ!! なんでここにいるの?!」と、幽霊にでも出会ったような驚きよう。晩飯とひきかえに泊めてもらい、翌日ぶじに帰宅できました。
☆厚別教会の代務者として、教会の幼稚園の先生たちの聖書研究も依頼されました。といっても、お話を用意するのではありません。先生の一人が担当者となってその月の聖句について調べて発表し、出席者全員が感想や疑問を順に述べていきます。最後にそれらについて牧師がまとめのコメントをするのです。先生たちからどんな感想や疑問が出ても対応できるよう、あらかじめじゅうぶん調べておかねばなりません。かえってたいへんですが、担当者の綿密な準備と先生たちの活発な発言はとても刺激的で、聖書を読む楽しさをあらためて教えられています。

« ほくぶカフェ | トップページ | 1月28日 「恐れから喜びへ」 一日修養会 »

北部日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520602/66328341

この記事へのトラックバック一覧です: 北部日記 1月28日:

« ほくぶカフェ | トップページ | 1月28日 「恐れから喜びへ」 一日修養会 »