« 北部日記 2月18日 | トップページ | 2月25日 「招かれる者」 »

2018年2月25日 (日)

北部日記 2月25日

 江別にある酪農学園大学は、キリスト教にもとづき、「神を愛し、人を愛し、土を愛す」という「三愛精神」を理念として設立されました。1950年、当時の樋浦誠学長は、農村青年がみずから学び、団結することをよびかけました。これに応え、北海道や東北の各地で「三愛塾」が開催されるようになります。そのひとつ、「道北三愛塾」は、ずっと道北クリスチャンセンターが事務局となって今日まで続けられています。
 30年前、東京教区西支区青年会の興部ワークキャンプに参加した際、道北三愛塾を見学する機会がありました。講師は酪農学園大学の井澤敏郎先生でしたが、熱情あふれるお話に圧倒されたのを覚えています。
やがて旭川の教会に牧師として赴任した後、何度か「道北三愛塾」に顔を出してお話を聞く機会もありました。道北の地域に息づく「三愛精神」に触れて、多くを教えられ、励まされました。
 道北三愛塾では、毎回、キリスト教信仰を学ぶ「聖書と人生」という時間があります。北海教区のいろいろな牧師たちが担当していますが、なぜか、これまで一度も依頼されたことがありません。やはり、なにかしら「農」に携わっていないとお話しする資格がないのでしょうか。昨年、道北センターのウィットマー館長に、ふとそんなことをもらしたら、「ええっ!」と驚かれました。数ヵ月後、道北センター主事の藤吉求理子先生から、「あまりに身近で、もうとっくにお話しされていたと思ってた」と、今週行われる三愛塾での「聖書と人生」の時間を頼まれました。30年ごしでたどりついたつとめです。心して準備を進めています。

« 北部日記 2月18日 | トップページ | 2月25日 「招かれる者」 »

北部日記」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北部日記 2月25日:

« 北部日記 2月18日 | トップページ | 2月25日 「招かれる者」 »