« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月24日 (土)

3月18日 「仕えるキリスト」

また、使徒たちの間に、自分たちのうちでだれがいちばん偉いだろうか、という議論も起こった。そこで、イエスは言われた。「異邦人の間では、王が民を支配し、民の上に権力を振るう者が守護者と呼ばれている。しかし、あなたがたはそれではいけない。あなたがたの中でいちばん偉い人は、いちばん若い者のようになり、上に立つ人は、仕える者のようになりなさい。食事の席に着く人と給仕する者とは、どちらが偉いか。食事の席に着く人ではないか。しかし、わたしはあなたがたの中で、いわば給仕する者である。あなたがたは、わたしが種々の試練に遭ったとき、絶えずわたしと一緒に踏みとどまってくれた。だから、わたしの父がわたしに支配権をゆだねてくださったように、わたしもあなたがたにそれをゆだねる。あなたがたは、わたしの国でわたしの食事の席に着いて飲み食いを共にし、王座に座ってイスラエルの十二部族を治めることになる。シモン、シモン、サタンはあなたがたを、小麦のようにふるいにかけることを神に願って聞き入れられた。しかし、わたしはあなたのために、信仰が無くならないように祈った。だから、あなたは立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。」(ルカ22章24~32節)
 今日の箇所は、主イエスが捕えられる直前、「最後の晩餐」の席上で使徒たちに語ったことばです。それは、「最後の晩餐」を聖餐として覚えてそこに連なっている、のちの教会にむけられたことばでもあります。
 26節の「いちばん若い者」は、「いちばん新しい者」「新人」という意味でもあります。また「仕える者」は、27節の「給仕する者」と同じ「奉仕者」という意味の単語です。
ルカ福音書が書かれたころ、教会はあるていど発展し、秩序が形作られ始めていました。使徒やベテランの信徒が敬われ、キリストに仕える礼拝が献げられていました。しかし、ここでは、主ご自身のことばとして「教会で、偉い信徒は信仰に入ったばかりの新人のように、上に立つ人は食事の給仕に仕える人のように」と告げられ、また主キリストご自身が、仕えられる方ではなく、仕える者、奉仕者であると告げられるのです。
 28節も、最後の晩餐の時点にはそぐわないことばです。主の十字架の試練の際には踏みとどまることができなかった弟子たちでしたが、後には、主の試練・苦難のゆえに、迫害や弾圧にも踏みとどまる教会として成長していきます。なぜそのように信仰を深く 堅くすることができたのでしょうか。
 主イエスは、続けてシモン・ペトロに、「あなたのために、信仰がなくならないように祈った」と告げます。主の十字架の際には、主を捨て、踏みとどまることができなかったシモンでした。しかし、主が祈り、支え、その奉仕によってシモンは立ち直るよう導かれ、皆を力づけるようにもなったのです。
 わたしたちの信仰は、主イエス・キリストご自身の奉仕によって支えられ、ているのです。私たちに仕え、給仕してくださる主からの糧を、感謝をもって受けとめ、味わいましょう。

北部日記 3月25日

 新教出版社から長年にわたって発行されている『福音と世界』という、かなり“硬派”な月刊誌があります。3月号は、イースターを前に『キリスト教と犠牲のシステム』という特集を組んでいます。
 聖書は「イエス・キリストの十字架の死は人の罪をあがなう『犠牲』の死であった」と述べています(ヘブライ10章など)。問題は、その後です。歴史の中で、しばしば「尊い犠牲」という言い方で、理不尽な死を美化・正当化することが行われてきました。とくに、キリスト教信仰の影響のもとで、不慮の死が、あたかもキリストにならって人々を救うための「犠牲」であったかのように言われることがあります。
 『福音と世界』の特集では、長崎の原爆による死者を「犠牲」とたたえることで、戦争の悪が覆い隠されてしまったことを指摘する記事が掲載されています。「犠牲」を美化し、たたえることは、それによってさらにまた特定の人々に不利益や損害を押し付け、ときには死をも受け入れさせるように導くことがあります。たとえば国家のための兵役を求めたり、沖縄に基地を押し付けたり、企業のために理不尽な働きをさせたりするときに、いとも容易に「尊い犠牲」「みんなのために犠牲となる」といった言い方がなされます。力のある者の支配のために、しばしばそういう「犠牲の論理」がつごうよく使われるのです。
 しかし、キリストの十字架は、唯一の献げものであり、これ以上の犠牲はもはや不要になったはずです(ヘブライ10:18)。犠牲は、もう求めてはならないのです。

2018年3月18日 (日)

北部日記 3月18日

この春、北海教区では、いつになく多くの教会で牧師の異動が予定されています。
  日向恭司牧師:教区幹事の任を終えて名寄教会に就任
  ロバート・ウィットマー宣教師:農村伝道神学校校長に就任
  旭川六条教会:西岡昌一郎牧師が辞任、後藤正敏牧師が就任 
  春採教会:釧路教会と合併し、衛藤満彦牧師が辞任
  新得教会:西間木公孝牧師が就任
札幌中央教会:大坪章美牧師が辞任、岸敏雄牧師が就任
  十二使徒教会:川野信司牧師が辞任、坐間豊牧師が就任
  厚別教会:石田歩牧師が就任
  真駒内教会:秋山千四郎牧師が辞任
  麻生教会:久保哲哉牧師が辞任、上森俊明牧師が就任
  琴似中央通教会:笠田弘樹牧師が辞任
  小樽聖十字教会:小栗昭夫牧師が辞任、額田浩牧師が就任
  余市教会:小西陽祐牧師が辞任、西岡知洋牧師が就任
  渡島福島教会:江藤政弘牧師が辞任
 このほかにも、無牧師の教会で、代務者となっていた牧師の異動にともなって代務者が変更となるところもあります。
 先週、西岡牧師・ウィットマー宣教師・笠田牧師・日向幹事の「感謝とおわかれの会」があり、おおぜいが集まりました。それぞれ教区の役職を担ってこられた働きを感謝し、新任地での働きに送り出しました。

2018年3月17日 (土)

「不安と恐れの中で」 3月11日 東日本大震災記念礼拝

「それから、太陽と月と星に徴が現れる。地上では海がどよめき荒れ狂うので、諸国の民は、なすすべを知らず、不安に陥る。人々は、この世界に何が起こるのかとおびえ、恐ろしさのあまり気を失うだろう。天体が揺り動かされるからである。そのとき、人の子が大いなる力と栄光を帯びて雲に乗って来るのを、人々は見る。このようなことが起こり始めたら、身を起こして頭を上げなさい。あなたがたの解放の時が近いからだ。」 (ルカ21章25~28節)

 東日本大震災から7年がたちました。さまざまな支援の働きも縮小・終結しています。震災はもう終わり、復興がとげられているのでしょうか。
 昨年秋、被災地の現状を見てきました。沿岸部では、土地のかさ上げや堤防の建設といった大規模工事が延々と行われています。しかし、人の住まう賑わいはなかなか見えません。「復興住宅」に入居しても孤立して希望の見出せない人たちがいます。震災の遺構として保存されている建物では、7年前のまま時が止まったようです。震災は7年たっても終わってはおらず、継続中なのです。人々は、これからどうなるか、なお不安を抱え、恐れているのです。
ルカ21:25~26のことばが重なります。主イエスは、ユダヤの人々の信仰と希望のよりどころである神殿が崩壊すると告げました。ユダヤは滅び、世界が変調を来たし、人々は恐れおびえるというのです。
 実は、ルカ福音書が書かれた当時、これらの恐ろしい事態はすでに現実となっていました。ローマ軍によってエルサレム神殿は破壊され、人々は世界に何が起こるかとおびえ、不安と恐れの中にありました。
 ところが、このとき、思いもよらないことに「身を起こし、頭を上げなさい。解放の時が近い」(28節)と告げられます。「解放の時」が、具体的にどういう時なのか、それがどれくらい近いのか、ほんとうに確かなのか、どこにそんなきざしがあるのか、わかりません。それでも主のみことばは、不安におびえてうずくまり、頭を抱える人々に「身を起こし、頭を上げよ」と促すのです。ルカ福音書の最初の読者たち、当時の信仰者たちは、恐れと不安の中で、この促しをどう受けとめたでしょう。そして今、わたしたちは、このみことばを、受けとめることができるでしょうか。

2018年3月13日 (火)

2018年度こあら会

「koara18.pdf」をダウンロード

新年度のこあら会の入会募集中です。

Koara18


2018年3月11日 (日)

北部日記 3月11日

 月刊誌『信徒の友』の今月号では、「災害に備える」という特集をくんで、教会と災害にかかわるさまざまな実際的な記事を載せています。
 東日本大震災の際、震度6強を経験した茨城の日立教会では、毎年3月11日直前の日曜日に「非常食愛餐会」を行っています。各家庭で保存している非常食を持ち寄って食べながら、災害を想起し、情報を交換し、非常食の更新の機会としているそうです。
 二年前の大地震で被害を受けた熊本・錦ヶ丘教会の川島直道牧師は、「震災はまだ進行中」と記事をよせています。震災時の生々しい体験をふりかえり、教会内での救援・支援活動の実際についてだけでなく、「記録の大切さ」「教区・教団としての備え」など、だいじな指摘をしています。
 熊本YMCAの福山裕敏さんは、施設の所長として避難所の運営に携わった経験を記しています。突然、見知らぬ人たちどうしが、大きな不安と恐れを抱えながら不充分な環境で共同生活を強いられる避難所生活で、「自立・自律・互助」つまり「ひとりひとりが互いを思いやりながら自らを律する」ことの大切さと難しさを述べています。
 NPO法人「キッズケアパークふくしま」理事長の栗原清一郎さんが、放射線被害の不安を抱えている福島市内のこどもたちのために屋内での遊び場を提供する活動を紹介しています。県内の超教派の教会や、海外のキリスト教団体も協力しているということです。「放射能問題は何十年も続きます」と記しているように、息長い支援の必要を示されます。

2018年3月10日 (土)

太平子どもの家 観劇会

Kazenoko


3月4日 「祈りの教え」

イエスは、気を落とさずに絶えず祈らなければならないことを教えるために、弟子たちにたとえを話された。
「ある町に、神を畏れず人を人とも思わない裁判官がいた。ところが、その町に一人のやもめがいて、裁判官のところに来ては、『相手を裁いて、わたしを守ってください』と言っていた。裁判官は、しばらくの間は取り合おうとしなかった。しかし、その後に考えた。『自分は神など畏れないし、人を人とも思わない。しかし、あのやもめは、うるさくてかなわないから、彼女のために裁判をしてやろう。さもないと、ひっきりなしにやって来て、わたしをさんざんな目に遭わすにちがいない。』」それから、主は言われた。「この不正な裁判官の言いぐさを聞きなさい。まして神は、昼も夜も叫び求めている選ばれた人たちのために裁きを行わずに、彼らをいつまでもほうっておかれることがあろうか。言っておくが、神は速やかに裁いてくださる。しかし、人の子が来るとき、果たして地上に信仰を見いだすだろうか。」
自分は正しい人間だとうぬぼれて、他人を見下している人々に対しても、イエスは次のたとえを話された。
「二人の人が祈るために神殿に上った。一人はファリサイ派の人で、もう一人は徴税人だった。ファリサイ派の人は立って、心の中でこのように祈った。『神様、わたしはほかの人たちのように、奪い取る者、不正な者、姦通を犯す者でなく、また、この徴税人のような者でもないことを感謝します。わたしは週に二度断食し、全収入の十分の一を献げています。』ところが、徴税人は遠くに立って、目を天に上げようともせず、胸を打ちながら言った。『神様、罪人のわたしを憐れんでください。』言っておくが、義とされて家に帰ったのは、この人であって、あのファリサイ派の人ではない。だれでも高ぶる者は低くされ、へりくだる者は高められる。」(ルカ18章1~14節)

 主イエスは、「頼れるもののない弱い立場のやもめでも、しつこく訴えれば、神の正義など気にも留めない不正な裁判官でさえしぶしぶ耳を傾ける」とたとえを語りました。ルカは、このたとえの意味を「気を落とさずに絶えず祈らなければならない」と、最初から明かしてしまっています(1節)。
 ファリサイ派と徴税人のたとえでも、ルカは「うぬぼれて他人を見下している人々に対して(9節)」と、はじめにその意図を示しています。このたとえの中のファリサイ派の祈りは、当時の模範的な祈りです。ファリサイ派は、ユダヤが異民族に支配されているのは、自分たちが神の律法をおろそかにしているからだと考え、民の解放と救いを願って律法の実践につとめました。彼らにとって、ローマの支配の手先である徴税人は許しがたい存在です。たとえの中の徴税人は、そういう自分に悩み、葛藤し、だからこそ神に目を上げることもできず、ただ罪人の自分を嘆いているのでしょう。しかし、主イエスは、神はこの徴税人を義とされたと語ります。罪と矛盾と葛藤と苦悩の日常生活のまつ「家に帰った」徴税人を、神は憐れんでくださるのです。
 これらのたとえそのものは教えるためのフィクションですが、題材は当時の社会で実際よくあるリアルな話でした。今、主イエスがたとえを語るとしたら、今日のどんな現実から語るでしょうか。
 いま、生活に困窮していても助けを求められず途方にくれるシングルマザーたちがいます。沖縄で権力の手先とされて職務についている機動隊の若者の苦悩があります。今なら、主イエスは、こうした人々を神は憐れみ、義としてくださると語るのではないでしょうか。
 ルカの「たねあかし」にもかかわらず、だいじなのは、どう祈るかという方法や心がまえ以上に、神は誰に目をとめてくださるか、ということなのです。

2018年3月 4日 (日)

北部日記 3月4日

 歌舞伎の有名な演目、『菅原伝授手習鑑』は、その中の『寺子屋』の段だけ上演される機会も多くあります。菅丞相(菅原道真)に心を寄せる松王丸が、菅丞相の子を守るために自分の子を身代わりとして殺させる悲劇の場面です。歌舞伎役者の松本白鸚(先代松本幸四郎)は、「自分が子役で出た(戦後の)頃は、『寺子屋』など子供が犠牲になる芝居では観客がよく泣いたのを不思議に思った。後年、戦死者の遺族だったと思いあたった」と回想しています。子どもの命を差し出して、そしらぬ顔で悲しみに耐える芝居が、子どもを「お国のため」に兵士として送り出した親たちの心に刺さったのです。
 先日、「種を粉にひいてはならない」ということばを教えられました。もともとはゲーテのことばだそうです。ドイツの女性画家、ケーテ・コルビッツは、第一次大戦で兵士として送り出した息子を、さらに第二次大戦で孫を失った痛みを抱えて多くの作品を残したのですが、その思いを込めた「種を粉にひいてはならない」という題の作品があります。将来の実りをもたらすはずの麦の種を、目先の満腹のために粉にひいて食べてしまってはならない、というたとえで、若者の命を浪費する戦争を批判したのです。
 こどもの命を「粉にひいてしまった」後悔は、生き残った親たちの心に深く癒えない痛みを残すのです。戦争で死なせるだけではありません。若い世代が、身をすり減らすようにして働かされて、なお貧しさに押しつぶされていくような社会もまた、将来の「種」を食いつぶしていることに変わりありません。種を花咲かせ、ゆたかに実らせるのは、親の世代の責任です。

2018年3月 3日 (土)

2月25日 「招かれる者」

食事を共にしていた客の一人は、これを聞いてイエスに、「神の国で食事をする人は、なんと幸いなことでしょう」と言った。そこで、イエスは言われた。「ある人が盛大な宴会を催そうとして、大勢の人を招き、宴会の時刻になったので、僕を送り、招いておいた人々に、『もう用意ができましたから、おいでください』と言わせた。すると皆、次々に断った。最初の人は、『畑を買ったので、見に行かねばなりません。どうか、失礼させてください』と言った。ほかの人は、『牛を二頭ずつ五組買ったので、それを調べに行くところです。どうか、失礼させてください』と言った。また別の人は、『妻を迎えたばかりなので、行くことができません』と言った。僕は帰って、このことを主人に報告した。すると、家の主人は怒って、僕に言った。『急いで町の広場や路地へ出て行き、貧しい人、体の不自由な人、目の見えない人、足の不自由な人をここに連れて来なさい。』やがて、僕が、『御主人様、仰せのとおりにいたしましたが、まだ席があります』と言うと、主人は言った。『通りや小道に出て行き、無理にでも人々を連れて来て、この家をいっぱいにしてくれ。言っておくが、あの招かれた人たちの中で、わたしの食事を味わう者は一人もいない。』」 (ルカ14章15~24節)

 主イエスが宴会のたとえを語ったのは、ある安息日、ファリサイ派の議員に招かれた食事の席でのことでした(14:1)。
7節以下では、宴会での席の選び方について語られています。しかしまた、食事に招いたり招かれたりという世間のつきあいは、意味がないとも教えています。どうせ招くのなら、お返しを期待できない人、自分にとって何の得にもならないような人を招きなさい、「正しい者が復活するとき」、つまり終りの時、神のみこころが明らかになるときに意味があるのはむしろそういうふるまいであり、この世でどんな席についたとか、恥だとか面目だとか、誰に貸しをつくって返してもらうとかは、何の意味もない、と言いきっているのです。
そして、神のふるまいについて、宴会に人を集めるたとえを語ります。21節に挙げられている「貧しい人、体の不自由な人・・・」は、13節に挙げられている「お返しを期待できない人」たちと同じ人々です。神が招くのはまさにこういう人々です。神にお返しなどとてもできない人々、神にとってなんの得にもならない人々なのです。
 また、23節の「小道」とは、「垣根」という意味の語です。隔てられ、遠ざけられ、仲間とされてこなかった、垣根のむこうの人々は、12節の「友人、兄弟、親戚、近所の金持ち」には決して入ることのない人々です。神はこうした「垣根のむこうの人々」を、あえて、無理にでも、招きよせるのです。
わたしたちは、そういうものとして、神のもとに招かれています。神に対しなんのお返しもできない者、神からはもともと遠く隔たり、神の身内、仲間とみなされるはずのなかった者なのに、神はあえて招いてくださったのです。
だから、わたしたち教会は、そのように招くのです。教会に何の得にもならなくても、何の見返りもなくても、神の招きを伝え、あらわすのです。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »