« 5月20日 ペンテコステ 「故郷の言葉」 | トップページ | 5月27日 「転機」 »

2018年5月27日 (日)

北部日記 5月27日

 先週はペンテコステ礼拝でした。こどものお話では、弟子たちがさまざまな国のことばで語りだしたペンテコステのできごとにちなんでいろいろな言語の聖書を紹介しました。こどもたちが、いつか、狭い日本からとびだして、いろいろな国の人々と交わり、神の創造されたこの世界の広さ多様さに出会ってほしいと願っています。
 また、山**子さんが八王子栄光教会から転入されました。礼拝の中で山*さんご自身にご挨拶をいただきましたが、ゆっくりゆっくり語られる一言一言に、会衆一同が真剣に耳を傾け、空気がぴんとはりつめるような時間でした。祈りのあと、ひとりひとり歓迎の握手をしたときは、うってかわってやわらかくなごやかな雰囲気に満たされました。
 聖餐式も行われました。いつものようにパンのかたまりを二つに裂き、配餐者が会衆席を回るとめいめい自分の分をちぎりとります。ところが、それとともに、くすくすと笑う声が広がっていったのです。
 実は、いつも聖餐式にはKさんがパンを焼いて献げてくださっているのですが、この日はKさんのつごうが悪く、市販のパンを用意していたのです。ところが、Kさんのパンとは違って皮がかたくてなかなかちぎりとることができず、みんな驚きとまどって思わずくすくす笑いになってしまったのでした。
 思いもよらないできごとで会堂の中に静かなざわめきがしだいに広がっていくありさまは、まるで聖霊の風が喜びをふりまきながら教会を吹きわたっていくようにも聞こえました。

« 5月20日 ペンテコステ 「故郷の言葉」 | トップページ | 5月27日 「転機」 »

北部日記」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北部日記 5月27日:

« 5月20日 ペンテコステ 「故郷の言葉」 | トップページ | 5月27日 「転機」 »