« 北部日記 6月24日 | トップページ | 北部日記 7月1日 »

2018年6月30日 (土)

6月24日「へびだってこわくない」野外礼拝

パウロが一束の枯れ枝を集めて火にくべると、一匹の蝮が熱気のために出て来て、その手に絡みついた。住民は彼の手にぶら下がっているこの生き物を見て、互いに言った。「この人はきっと人殺しにちがいない。海では助かったが、『正義の女神』はこの人を生かしておかないのだ。」ところが、パウロはその生き物を火の中に振り落とし、何の害も受けなかった。体がはれ上がるか、あるいは急に倒れて死ぬだろうと、彼らはパウロの様子をうかがっていた。しかし、いつまでたっても何も起こらないのを見て、考えを変え、「この人は神様だ」と言った。
      (使徒28章3~6節)

 これからアウトドアが楽しみなシーズンですが、野外にはクマやハチ、マダニなど危険な生き物もいます。ヘビも気持ち悪がられますが、北海道には毒ヘビはほとんどいません。もちろん、世界には危険なヘビもいます。
 使徒パウロがヘビに襲われました。パウロは、逮捕されて護送される途中、船が嵐に漂流して見知らぬ島にたどりついたとき、ヘビに襲われたのです。きっとめったにないことだったのでしょう、まわりの人々は、「この囚人はよほど悪いやつだから神が罰するのだ」と恐れます。ところが何事も起こらないと、「この人は神だ」と見かたを変えたのです。
 クマやヘビなどの危険に絶対あわないためには、外に出ないのがいちばんです。でもそれでは神さまが創られたゆたかなすばらしい世界と出会うこともできません。また、自分では出かけたいと思っていなくても、行かねばならなくなることもあります。キリストは、パウロに初めてあったときから、パウロがあちこちに出かけるようにさせ、行く先々でパウロは何度も危ない目にあってきました。神さまは、わたしたちが何の危険にもあわないようにではなく、危険があってもだいじょうぶなようにしてくださるのです。
 パウロが建てた教会もまたそうです。嵐のような困難にあい、難破して漂流するような思いをし、ヘビのようにおそろしいことにも襲われました。まわりから「あいつらは悪い奴だから滅ぼされる」と見られることもありましたが、それでも倒れることも滅びることもなく、ついには「あの人たちには神さまがいる」と言われるようになったのです。
 神さまは、わたしたちを何の危険にも会わない部屋の中に閉じ込めておくのではなく、世界へと遣わしていきます。でも、だいじょうぶ、へびだってこわくありません。神さまがいるのです。
  

« 北部日記 6月24日 | トップページ | 北部日記 7月1日 »

説教要旨」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520602/66886895

この記事へのトラックバック一覧です: 6月24日「へびだってこわくない」野外礼拝:

« 北部日記 6月24日 | トップページ | 北部日記 7月1日 »