« 6月3日「キリストの名によって」創立記念日礼拝 | トップページ | 北部日記 6月17日 »

2018年6月10日 (日)

北部日記 6月10日

 こどもの頃、教会学校でいっしょに育った友人が、牧師となって岩手のM教会で働いています。昨年の秋、北海教区の東日本大震災支援委員会で被災地を訪問した際、当初の予定にはなかったのですが、移動の途中でちょっとだけ立ち寄りました。
 ちょうど教会の保育園のクラス礼拝の時間に重なっていて、牧師本人に会うことはできませんでした(窓からそっとのぞいてみました)が、保育園の園長先生がにこにこと出迎えてくれました。ごあいさつをすると、「北海教区には大変お世話になっています。実は、妹が、島松伝道所にいまして、牧師をしています」。なんと島松伝道所の辻中明子牧師のお姉さまでした。言われて見れば、そっくり・・・。みんなでいっしょに記念写真を撮りました。
 島松伝道所に辻中牧師ご夫妻が赴任して20年以上になります。「こどもと共に」「障がい者と共に」といった取り組みを、北海教区の中でも先駆的に進めてきました。小さな群れですが、決断をして3年前には古い会堂の大規模改修を実施しました。地区や教区のみならず全国からの協力献金に支えられて、会堂でのコンサート、べてるの家とつながる「当事者研究」、教会を通じて野菜を販売する「野菜だより」など、ゆたかな活動を展開しています。
 2006年には北部教会のCSキャンプで島松伝道所を訪れ、いかだを作って川くだりをして楽しみました。辻中明子先生は十数年ぶりの北部教会での説教です。古くからの交わりに新しい出会いを重ねましょう。

« 6月3日「キリストの名によって」創立記念日礼拝 | トップページ | 北部日記 6月17日 »

北部日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520602/66811764

この記事へのトラックバック一覧です: 北部日記 6月10日:

« 6月3日「キリストの名によって」創立記念日礼拝 | トップページ | 北部日記 6月17日 »