« 日本キリスト教団北海教区胆振東部地震支援活動ブログ | トップページ | バザー »

2018年9月16日 (日)

北部日記 9月16日

☆胆振東部地震の余震がやみません。心の平静をなかなか取り戻せない人も多いことでしょう。札幌市内の店では商品もだいぶ並ぶようになりましたが、街によっては品薄状態がまだまだ続いているようです。被害の大きかった地域では、避難所で過ごしている方々がいます。これから、長くつらい日々にむかわねばなりません。
 北海教区として支援活動に取り組んでいます。物資による支援はもうほとんど充足しているようです。これからは被災した人たちに寄り添い力づけるようなかかわりによる支援が必要となっていくでしょう。まずは明日17日、安平町追分で「炊き出し」を行うこととなりました。避難所や住宅地の人たちが、温かい食べ物で少しでも楽しんでいただければと計画しています。今後の支援活動もお覚えください。 
☆この9月で、太平子どもの家は開設されて40年となりました。私たちの教会が、ずっと大切にしてきた、地域に仕える働きです。けっして大きな規模ではありませんが、40年のあいだに、たくさんのこどもたち、親たちがかかわって、ゆたかな実りがもたらされてきました。
10月20日(土)に初代榎本栄次牧師ご夫妻をお迎えして40周年のお祝いの会を行います。こどもたちともいっしょに楽しめるように、人形劇などを企画しています。太平こどもの家のこれまでの歩みをかえりみて、今、そしてこれからを思う時としたいと考えています。
 記念行事のために、20万円強の経費を見込んでいます。今月末のバザーの収益のほか、後援会および教会会計からの支出もお願いしています。覚えてお支えください。

« 日本キリスト教団北海教区胆振東部地震支援活動ブログ | トップページ | バザー »

北部日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520602/67171421

この記事へのトラックバック一覧です: 北部日記 9月16日:

« 日本キリスト教団北海教区胆振東部地震支援活動ブログ | トップページ | バザー »