« 9月16日 「配慮」 | トップページ | 9月23日 「中途半端でも」 »

2018年9月23日 (日)

北部日記 9月23日

☆先日の地震で、安平町追分のウェスレアン・ホーリネス教団追分めぐみチャペルも建物に大きな被害がありましたが、菅原ひかり牧師は地域の被災者を励まし続けています。「物資が不足している」との連絡が北海教区に入り、さっそく必要なものを届けました。その際、菅原牧師の紹介で近くの避難所の担当者と相談し、北海教区で炊き出しを行うこととなりました。先週17日、教区内外から関係者20名ほどが集まり、手慣れた作業でジンギスカンや焼きそばなどをふるまいました。「暖かい焼き肉は久しぶり」「みんなで食べるのはうれしい」と喜んでいただきました。
☆次週はバザーです。いつもこの時期に秋のバザーを行っていますが、今回はとくに「太平こどもの家40周年記念バザー」として行います。来月の40周年記念の集いにむけ、こどもの家のOB会など関係者でバザーをもりあげ、また収益は記念行事などこどもの家の活動に用いる計画です。いつものようにこどもたちのステージも準備しています。諸教会の人たち、こどもの家の関係者、地域の人たち、その他いろいろな人たちの交流の機会ともなることを願っています。
☆10月21日は榎本栄次牧師を迎えての礼拝ですが、「オープンチャーチ」と銘打って多くの人々を誘う計画です。教会はふだんから「オープン」のつもりですが、それでも「信者でないから礼拝には行きづらい」と、しきいを高く感じている人たちも多いようです。教会や信仰は、ふだんの生活からけっして遠いものではなく、日常を支え導くものであることが、榎本先生のメッセージから伝わればと願っています。ぜひ周りの人々をお誘いください。

« 9月16日 「配慮」 | トップページ | 9月23日 「中途半端でも」 »

北部日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520602/67196042

この記事へのトラックバック一覧です: 北部日記 9月23日:

« 9月16日 「配慮」 | トップページ | 9月23日 「中途半端でも」 »