« 北部日記 10月7日 | トップページ | 北部日記 10月14日 »

2018年10月15日 (月)

10月7日 「救いのために」 世界聖餐日

夜が明けかけたころ、パウロは一同に食事をするように勧めた。「今日で十四日もの間、皆さんは不安のうちに全く何も食べずに、過ごしてきました。だから、どうぞ何か食べてください。生き延びるために必要だからです。あなたがたの頭から髪の毛一本もなくなることはありません。」こう言ってパウロは、一同の前でパンを取って神に感謝の祈りをささげてから、それを裂いて食べ始めた。そこで、一同も元気づいて食事をした。船にいたわたしたちは、全部で二百七十六人であった。十分に食べてから、穀物を海に投げ捨てて船を軽くした。(使徒27章33~38節)

 囚人パウロを護送する船は暴風に行く手をはばまれます。漂流して14日目の夜中、船員たちは、浅瀬にぶつかるのを避けるため錨を下ろして夜明けを待ちます。人々は、暗闇の中、命の不安と恐怖にさらされていました。
 ようやく空が白んで手元が見えるようになってきたころ、パウロが「なにか食べてください」とよびかけ、一同の見守る中、パンをとり、感謝の祈りをささげてそれを裂き、食べ始めたのです。
これは、聖餐の際のしぐさです。パウロは自分の信仰に基づいてパンを食したのでしょう。もちろん、見ている一同のほとんどは、それが何を意味するのか、知りません。危機の中にも関わらず、囚人パウロが、落ち着き払ってパンをとり、彼の神に祈り、食べるのを、不思議な思いで見ていたでしょう。食事ものどを通らない恐怖と疲労を抱えていた一同は、それを見てなぜかほっと元気づけられ、それぞれに食べ始め、危機を乗り切って皆が助かりました。
 パウロは、一同に、「生き延びるために必要だから」(34節)と言って食事を勧めました。これは「救いのために必要」「ここに救いがある」とも訳せます。危機の中、信仰者がおちついて聖餐に養われることが、船に乗り合わせた一同を導き促し、みんなの救いとなったのです。
 世界聖餐日は、世界中の諸教会が、分裂や対立をのりこえて共に主の食卓につき、平和と一致を信じ祈るように定められました。今日の世界は、あたかも嵐のなかの船のように、暴風にさらされ、ただよい、これからどうなるのか、不安と恐怖にさらされています。この分裂と対立を抱えた世界で、教会が真実に主のパンを分かち合い、平和と一致の姿を示すのならば、それは世界を促し導き、救いをもたらすのではないでしょうか。嵐の夜が明けることを信じ、いまこの時、この世界で、パンを食しましょう。 

« 北部日記 10月7日 | トップページ | 北部日記 10月14日 »

説教要旨」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520602/67278417

この記事へのトラックバック一覧です: 10月7日 「救いのために」 世界聖餐日:

« 北部日記 10月7日 | トップページ | 北部日記 10月14日 »