« 11月18日 「家族のきずな」 | トップページ | 11月25日 「ユダの人々の王」 »

2018年11月25日 (日)

北部日記 11月25日

 このところ、なにかにつけて「平成最後の」ととなえられます。来年には天皇の退位と新天皇の即位が予定されています。日本の社会も、そしてわたしたち教会も、30年ぶりの「天皇の代替わり」に直面することになります。
 『キリスト者への問い あなたは天皇をだれと言うか』(松谷好明著)という本を読みました。牧師である著者は、天皇の本質は宮中祭祀、つまり神道に基づく儀式を日々行う祭司であることを指摘して、天皇制がキリスト教信仰とあいいれないものであることを強調しています。それなのに日本のキリスト教会がそのことをはっきり認識してこなかった歴史をもきびしくふりかえっています。
  先週23日、靖国神社問題北海道キリスト教連絡会議の集会で、佐藤幹雄牧師が「天皇代替わりと『国民主権』」と題して講演を行い、天皇をめぐる現状が憲法に定められた「国民主権」の原則を侵していると指摘しました。国家は国民のもの、という憲法の規定にもかかわらず、代替わりの一連の儀式を通して日本は天皇の国であるように演出されることが危惧されます。
 また会議では具体的な課題として、「新天皇の即位と改元が予定される5月1日は臨時休日とされるが、キリスト教学校や幼稚園が対応に戸惑っている」ことが挙げられました。関連し、「天皇や元号についての考え方を示す」「元号を使わないことを徹底する」「天皇制の問題を教会にアピールする」といった提起がなされました。さらに、新たな提案として、「望ましい国の形をじっくりと考え、わたしたちの『新憲法案』の作成に取り組んでみてはどうか」という意見もありました。時代の波に流されず神の真理に拠って立つべきだいじな局面にさしかかっていることを示された思いです。

« 11月18日 「家族のきずな」 | トップページ | 11月25日 「ユダの人々の王」 »

北部日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520602/67414364

この記事へのトラックバック一覧です: 北部日記 11月25日:

« 11月18日 「家族のきずな」 | トップページ | 11月25日 「ユダの人々の王」 »