« 北部日記 1月20日 | トップページ | 1月27日 「キリストの証」  »

2019年1月27日 (日)

北部日記 1月27日

 先週、交換講壇のために新発寒教会を訪れました。雪道を心配したのですが、車で30分もしないで到着。こんなに近かったと、あらためて気づかされました。下手稲通に面した、好立地に建つ教会です。
 新発寒教会は、2年前に新しい会堂を建築しました。教会員数二十数名の教会にとって、前の会堂を取り壊して新会堂を建築する決断は、容易ではなかったことでしょう。教会員みんなで、ほんとうにせいいっぱいを献げていくために、どんなに真剣で深い祈りがあったことかと思います。
 もちろん、教会員からの献金だけでなく、教区から借り入れたり、外部献金を募ったりしてきました。さらに機会があるたびに積極的に物品の販売も手がけて、少しでも収入を得るように努力を重ねています。しかし、状況はなお厳しく、あらためて第2次募金をよびかける準備を進めています。
わたしたちの教会も10年前に会堂を新築し、借入金返済の努力を続けて、先日ようやく教区からの借入金を完済しました。重荷を共に担う思いで、新発寒教会の会堂募金に協力したいと思います。
 今日は、かねてから準備してきた「一日修養会」として、新発寒教会の信徒の方々をお迎えし、教会の宣教の取り組みについてうかがいます。新会堂の建築を機に、積極的に地域への宣教の働きを進めてきています。どんな思いと願いによって、どういう準備や工夫をして、何をしてきているか、多くを学びとりたいと思います。
 新発寒教会の人たちからは、「わたしたちこそ、北部教会から学びたいと思っています」とも言われています。互いの交流から何が生まれてくるか、楽しみです。
 

« 北部日記 1月20日 | トップページ | 1月27日 「キリストの証」  »

北部日記」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北部日記 1月27日:

« 北部日記 1月20日 | トップページ | 1月27日 「キリストの証」  »