« 北部日記 2月17日 | トップページ | 2月24日「追い出される」 »

2019年2月24日 (日)

北部日記 2月24日

 先週、教団の会議の後、両親の住む栃木に向かいました。父が大きな手術を受けるのに立ち会うためです。
 父の病が明らかになってから、両親の所属する教会では、「サポートチーム」を結成し、代表の方がなにかと連絡をくださって、教会への送り迎えやちょっとした日常生活の手伝いなど、両親の生活をみんなで支えてくださっています。具体的な手助けは遠くの家族にとってはありがたく心強い支えですが、何よりも、何人もの方々が真剣に心配して共に祈ってくださっている真実な交わりに励まされます。
 手術は無事に終わり、翌日、集中治療室で面会したときにはだいぶ元気で会話もできるようになっていました。
 ほっとして帰途につき、千歳空港からの電車が札幌駅に近づいたところで、地震にあいました。緊急停車した電車の中で、ようすもよくわからないまま、ひたすら運行再開を待ちました。
 9月6日の地震の際、教会員の安否確認や教会会堂の被害確認など、とっさに適切な対処ができず、災害時に教会として何をすべきなのか、あらかじめ確かめておく必要性を痛感しました。役員会で相談し、2月24日の役員研修会の課題にとりあげることとしていました。その直前に再度の事態です。電車の中で動きがとれず、連絡もままならない中、何をしたらいいのかとほうにくれました。
 個人の生活にせよ、地域の災害時にせよ、助けが必要とされるようなことが起こった時、教会はどんな頼りとなるでしょうか。何をなすべきか、何ができるか、大きな宿題を与えられています。

« 北部日記 2月17日 | トップページ | 2月24日「追い出される」 »

北部日記」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北部日記 2月24日:

« 北部日記 2月17日 | トップページ | 2月24日「追い出される」 »