« 3月24日 「道、真理、命」 | トップページ | 北部日記 4月7日 »

2019年3月31日 (日)

北部日記 3月31日

各国から日本キリスト教団に派遣されている宣教師たちが集まる宣教師会議が毎年3月に行われます。今年は山梨・清里で行われました。
「会議」といっても、議論して何かを決定するのではなく、それぞれの体験を報告したり現場の経験からの意見を交換したり、また周囲の散策や体験プログラムもおりこんだ、ゆるやかなプログラムです。もともとは、日本各地で苦労の多い働きをしている宣教師たちが家族ぐるみで集まり、ふだんは話す相手の限られる英語でぞんぶんに語り合い、心身をリフレッシュさせるのが大きな目的だったといいます。
 ところが、近年、英語圏からの宣教師は少なくなり、しかもその多くが学校で英語教育などに携わる「教育宣教師」で、実際に教会での牧会にたずさわっている人はごくわずかです。かわって増えているのが韓国からの宣教師です。韓国からの宣教師で、日本キリスト教団の教会の牧師として働いている方々は、もはや珍しくありません。今回の宣教師会議の参加者も、半数以上が韓国そして台湾からの宣教師でした。会合では、英語・韓国語・中国語・日本語が用いられ、欧米からの宣教師とアジアからの宣教師が、共通言語の日本語で語りあっている場面もあちこちで見られました。
 会議に参加してみて、とくに韓国の諸教会が海外伝道に力を注ぎ、中でも日本人への福音伝道に熱い志を抱く人々が少なくないことを知らされました。私の両親が所属する教会の牧師も韓国からの宣教師で、信徒たちの信頼を集めています。熱い信仰とすぐれた賜物を携えて海外から来られる宣教師たちに、日本の教会は今も支えられているのです。
 

« 3月24日 「道、真理、命」 | トップページ | 北部日記 4月7日 »

北部日記」カテゴリの記事