« 3月17日 北部日記 | トップページ | 北部日記 3月24日 »

2019年3月23日 (土)

3月17日 「イエスの栄光」

このように多くのしるしを彼らの目の前で行われたが、彼らはイエスを信じなかった。預言者イザヤの言葉が実現するためであった。彼はこう言っている。
「主よ、だれがわたしたちの知らせを信じましたか。主の御腕は、だれに示されましたか。」
彼らが信じることができなかった理由を、イザヤはまた次のように言っている。
「神は彼らの目を見えなくし、その心をかたくなにされた。こうして、彼らは目で見ることなく、心で悟らず、立ち帰らない。わたしは彼らをいやさない。」
イザヤは、イエスの栄光を見たので、このように言い、イエスについて語ったのである。
(ヨハネ12章37~41節)

 主イエスがエルサレムに到着すると、群衆は王者を迎えるように盛大に歓迎しました(12~13節)。主イエスも、「栄光を受けるときが来た」(23節)と告げます。しかし、その直後、主イエスは群衆の前から姿を消してしまいます(36節)。群衆は「王者の栄光を受けるためにエルサレムに来られたのではなかったのか」と戸惑い、疑うのです。
 ヨハネ福音書は、ここでイザヤ書を引用して説明します。38節の句は、イザヤ書53章の冒頭の一句ですが、当時の読者は、これでイザヤ書53章全体を思い起こしたはずです。
 イザヤ書53章は、ある人物のことを語っています。「彼」のことを、人々は軽蔑し、見捨て、「彼」は苦しみ、打ち砕かれ、黙って殺されていきました。しかし、「彼」には罪はなく、人々が道を誤った罪を「彼」が背負い、みんなの身代わりとなって死んだのでした。「彼」は、それを自分の使命と自覚して理不尽な死に赴き、人々はそうとは知らなかったけれども「彼」の命と引き換えに生きながらえた、と述べています。
 主イエスが十字架で死んだ後、弟子たちは、このイザヤ書に記された「彼」こそ主イエスのことだったのだと信じました。主イエスの死は、人々の救いのためのみわざであったのだと理解したのです。
 ヨハネ福音書はそれを「イエスの栄光」と表現します。この栄光のためにこそ、主イエスはエルサレムに来られました。それを理解しないとき、主イエスの姿は見えなくなってしまいます。わたしたちは、この「イエスの栄光」をみることができるでしょうか。
 栄光を受ける主イエスは、またこの栄光に仕え、従うように促しました(23~26節)。わたしたちはイエスの栄光にあずかるものとなるでしょうか。


« 3月17日 北部日記 | トップページ | 北部日記 3月24日 »

説教要旨」カテゴリの記事