« 5月12日「心の目」 | トップページ | 5月19日「欲望からの解放」 »

2019年5月19日 (日)

北部日記 5月19日

 水曜日午前の祈祷会では、月刊誌『信徒の友』の記事から学んでいます。近年の『信徒の友』は意欲的な特集・連載が多くて読みごたえがあり、どの記事をとりあげようか迷うこともしばしばです。
 4月から新連載「シリーズ 性 LGBTから学ぶ」が始まりました。「LGBT」とは、同性愛者や性同一性障害など「性的少数者」のことです。最近、LGBTをめぐる社会的課題が話題となることも多くなり、ドラマやコミックでもひんぱんに取り上げられています。しかしキリスト教会では、とくに信仰とのかかわりでどう受けとめたらいいのか、戸惑いや違和感が大きく、むしろ反発や拒絶の反応もまれではありません。
 旭川にいたときのことです。かつて東京で地区の教会青年として共に活動していたひとりから久しぶりに「会いたい」と連絡がありました。駅前で待っていてもそれらしき姿はありません。ふと気が付くと、近くに、女装の彼がいました。「説明ぬきでこういう姿を示したのは初めて」と、幼い頃からずっと苦悩していたことを教えられました。また最近も、かつての同級生が体と心の性の不一致を抱えていたことを知らされました。「性」をめぐって、親しい人々からも自分自身を隠し、不安や苦悩を抱えている人々が身近にいることを実感しています。
 信仰と性について考えるための本を紹介します。実力ある執筆陣による『10代のキミへ いのち・愛・性のこと』(教団出版局)は、読みやすく、おとなが学ぶのにもよい本です。平良愛香牧師の『あなたが気づかないだけで神様もゲイもいつもあなたのそばにいる』(Gakken)は、著者自身の歩みを率直に示し、思いのこもっただいじな本です。一読ください。

« 5月12日「心の目」 | トップページ | 5月19日「欲望からの解放」 »

北部日記」カテゴリの記事