« 6月9日ペンテコステ礼拝 「聖霊の保証」 | トップページ | 6月16日「神の家族、神の住まい」 »

2019年6月16日 (日)

北部日記 6月16日

 教団のつとめで、この1か月ほど、あちこちに出かけています。
 バザーのあと東京に飛び、西東京教区の総会に出席。会場は母教会の国分寺教会です。なつかしい会堂で、案内された席は、ちょうど昔いつも座っていたあたり。ふと横を見ると、木の柱に古いひっかき傷のような跡があり、かすかに「そらち バカ」と読めました。昔の教会学校の生徒の誰かのしわざでしょう。なんだか心に刺さりました。
 仙台での東北教区の総会では、東日本大震災以来、さまざまに協力を重ねてきた多くの人たちと再会しました。会津放射能情報センターの片岡輝美さんも議員として参加していて、「北部教会と太平こどもの家の皆さんにくれぐれもよろしく」とのことでした。また土谷良泉牧師にもお会いしました。北部教会の人たちの消息をあれこれお伝えすると、なつかしそうに喜んでくださいました。
 関東教区はぐっと規模が大きく、大宮駅前のモダンなホールが会場です。ここでは神学校の同級生の牧師たちに久しぶりに会って、近況を報告したり、他の同級生の消息を伝えあったりしました。
 先週は、教団の「新任教師オリエンテーション」。この春、初めて教会に赴任した教師たちの研修会です。かつて、自分が新任教師だった時には、たしか七十人以上の参加者がいましたが、今回はその半分程度。それでも、思いのほか若くはつらつとした人たち、とくに女性の元気な教職が多いことを頼もしく感じました。
 出かけるのはなかなか大変ですが、行った先々で、懐かしい再会や新しい出会いを味わっています。

« 6月9日ペンテコステ礼拝 「聖霊の保証」 | トップページ | 6月16日「神の家族、神の住まい」 »

北部日記」カテゴリの記事