« 北部日記 7月14日 | トップページ | 北部日記 7月21日 »

2019年7月20日 (土)

7月14日 「招かれてひとつ」

そこで、主に結ばれて囚人となっているわたしはあなたがたに勧めます。神から招かれたのですから、その招きにふさわしく歩み、一切高ぶることなく、柔和で、寛容の心を持ちなさい。愛をもって互いに忍耐し、平和のきずなで結ばれて、霊による一致を保つように努めなさい。体は一つ、霊は一つです。それは、あなたがたが、一つの希望にあずかるようにと招かれているのと同じです。主は一人、信仰は一つ、洗礼は一つ、すべてのものの父である神は唯一であって、すべてのものの上にあり、すべてのものを通して働き、すべてのものの内におられます。(エフェソの信徒への手紙4章1~6節)
 教会には、じつにさまざまな人々が集まっています。年齢も違い、経歴も社会的立場も異なります。負っている人生の重荷も、教会に来たきっかけも、聖書の読み方や信仰生活のスタイルもそれぞれです。
 自分にとって好ましい人ばかりが来ているわけではありません。だれがこの教会に来るのか、目に見える条件はありません。なぜか、この顔ぶれのひとりひとりがふしぎにもここに来るようになったのです。
 それを聖書は「招かれた」と表現します。神が、なぜか、この人たちひとりひとりを招いて、ここに、いっしょの席に着かせたのです。だから、神に招かれた人のことを、拒んだりさげすんだり、退けたりすることはできません。神の招きを、大切に受けとめるのです。
 しかし、それは決して簡単ではありません。自分とはあまりに違う人と出会い、いっしょに過ごすのは、時に大きなストレスです。どうしても共感できず、考えを共有できず、隔てを生じ、食い違い、対立し、遠ざかってしまうのです。
 けれども、「一つ」ということは、「同じ」ということではありません。招かれた者たちは、同じだから招かれたのではありません。ただひとつ、共通なのは、「神に招かれている」「神によってここに存在している」ということです。その一点が、希望です。神がいっしょにしてくださったのだから、この人とさえいっしょになれる、と信じるのです。
 教会の中だけではありません。違う者たちがそれでもいっしょになって、互いの存在を大切にし、共に生きていくのは、この社会の大きな課題です。教会は、この世にあって、違う者がいっしょに生きていく希望の姿を示していく使命があるのです。
 

 

« 北部日記 7月14日 | トップページ | 北部日記 7月21日 »

説教要旨」カテゴリの記事