« 7月14日 「招かれてひとつ」 | トップページ | 北部日記 8月4日 »

2019年7月21日 (日)

北部日記 7月21日

 毎年8月15日、札幌キリスト教連合会の「8・15平和祈祷集会」が行われます。昨年の集会では、たまたま父・久世了が講師として「こどもとしての戦争体験」のテーマで学童疎開の体験などをお話ししました。その後、「録音を貸してほしい」「文章化してほしい」との要望もあったのですが、残念ながら録音に失敗し、文字にすることもできずにいました。
 年が明けて父が倒れた頃、「久世了先生の講演の記録です」と冊子が届きました。昨年の暮れ、8月の集会とほぼ同内容で講演をしていて、それを主催者が書き起こしてまとめてくださっていたのです。
この講演は、東京にある社会福祉法人「しおん保育園」の研修会でなされたものです。「しおん保育園」は、キリスト教に基づき、保育園ふたつと地域子育て支援センター、そして障がい者のための「しおん学園」を運営しています。理事長の早川寿美子さんともうお一人の先生が、若いころ札幌で月寒教会に通っていて、その時以来ふたりとも両親と親しく交流してくださっています。そのつながりで研修会の講師に呼んでくださっていたのです。結果的にこれが父の生涯最後の講演となりました。
 「しおん保育園」の関係者は、毎年夏、石狩に「合宿」に来ているそうです。昨年7月の合宿の際、はじめて北部教会の礼拝にみんなで出席してくださいました。今年もまた礼拝に出たいと連絡がありました。神様のふしぎな導きとはからいを感謝しながら、共に主の前に出て礼拝をささげたいと思います。

« 7月14日 「招かれてひとつ」 | トップページ | 北部日記 8月4日 »

北部日記」カテゴリの記事