« 北部日記 6月21日 | トップページ | 6月8日「新しい自分」 »

2020年6月27日 (土)

6月21日「復活を生きる」

このように、あなたがたも自分は罪に対して死んでいるが、キリスト・イエスに結ばれて、神に対して生きているのだと考えなさい。従って、あなたがたの死ぬべき体を罪に支配させて、体の欲望に従うようなことがあってはなりません。また、あなたがたの五体を不義のための道具として罪に任せてはなりません。かえって、自分自身を死者の中から生き返った者として神に献げ、また、五体を義のための道具として神に献げなさい。なぜなら、罪は、もはや、あなたがたを支配することはないからです。あなたがたは律法の下ではなく、恵みの下にいるのです。(ローマの信徒への手紙6章11~14節)
 パウロは、「恵みが働くときには、いかに多くの罪があっても無罪の判決が下される」(5章16節)と記しました。「じゃあ、何をしてもいいのか?」という疑問が生じます。どんなに多くの罪もゆるされるなら、罪など気にせず好きにふるまっていいのでしょうか。
 それに対してパウロは、「決してそんなことはない。私たちは洗礼を受けているではないか」と答えるのです(6章2~3節)。
 キリスト教の洗礼は、一度きり、イエス・キリストの名によって行われます。それは、ただ一度のイエス・キリストの死にあずかり、復活の命に生きることを意味します(4節)。洗礼はもともと全身を水に沈めて行われるものでした。それは、キリストといっしょに死と復活を体験することです。
 パウロは、洗礼によってあなたがたは罪に対して死に、「キリスト・イエスの中で神に生きる(11節直訳)」と記します。「神に生きる」とは、「神との関係で」「神の前で」「神のために」といった意味です。洗礼によって罪の自分は死に、神とつながり、神のために、神の前で生きるものとなったのです。
 小説『ああ無情』の主人公ジャン・バルジャンは、罪を許す大きな愛に触れて、罪の自分が死に、神に生きるものとなりました。パウロ自身も、キリストとの劇的な出会いによって洗礼を受け、以後は全く違う人生をたどることになりました。けれども、私たち皆が洗礼によってそんな劇的な変化をとげるわけではありません。それでもパウロは、「自分自身を神に献げなさい。罪はあなたがたを支配することはない。あなたがたは恵みのもとにいる(13~14節)」と記します。これは洗礼を受けた私たちへの「大丈夫、あなたはもう恵みのもとにいるのだ、きっと神に生きるものとなる」という促しであり、励ましです。洗礼によって与えられた新しい命、キリストの復活の命を大切に受け止めましょう。

 

« 北部日記 6月21日 | トップページ | 6月8日「新しい自分」 »

説教要旨」カテゴリの記事