« 6月8日「新しい自分」 | トップページ | おしらせ 太平子どもの家活動予定 »

2020年7月 5日 (日)

北部日記 7月5日

 先月開催された教会総会では、短時間で終えるために諸報告は資料を示すだけとなりましたが、本来なら時間をとって聞くべきだいじな報告がありました。会堂建築会計のまとめです(総会資料37ページ)。
 札幌北部教会は、2008年度に現会堂を建築しました。それまでこつこつ積み立ててきた資金に、教会員のせいいっぱいの献金と教会外部からの献金を加え、それでも不足する資金を教会債と教区からの長期借入金でまかないました。1800万円を超えるこの教会債・借入金は、会堂完成後、10年かけて返済する計画でした。返済の資金もまたほとんどが教会員からの献金です。そして予定の10年が過ぎた2019年度、返済をほぼ終えるに至ったのでした。
 新会堂の建築経費は、当初7100万円と計画していましたが、計画の変更や追加工事なども含め約7600万円の支出となりました。教会外からの献金は、毎週の週報に掲載されているように、そのうちの1割弱にとどまります。残りの資金を長い年月をかけて教会員が献げてきました。この献金は、祈りの積み重ねでもありますが、そこには、すでに天に召された教会員たちの祈りも含まれています。感謝をもって、いま一度、報告を心にうけとめたいと思います。
 なお、現在、会堂会計は、教会の墓地会計から100万円を借り入れたままになっています。会堂の献堂から10年が過ぎ、メンテナンスの費用もかさんできます。また駐車場の敷地の半分は地主から無償で借りていますが、将来の購入を目標としています。なお祈りを重ねましょう。

« 6月8日「新しい自分」 | トップページ | おしらせ 太平子どもの家活動予定 »

北部日記」カテゴリの記事