カテゴリー「北部日記」の記事

2019年7月21日 (日)

北部日記 7月21日

 毎年8月15日、札幌キリスト教連合会の「8・15平和祈祷集会」が行われます。昨年の集会では、たまたま父・久世了が講師として「こどもとしての戦争体験」のテーマで学童疎開の体験などをお話ししました。その後、「録音を貸してほしい」「文章化してほしい」との要望もあったのですが、残念ながら録音に失敗し、文字にすることもできずにいました。
 年が明けて父が倒れた頃、「久世了先生の講演の記録です」と冊子が届きました。昨年の暮れ、8月の集会とほぼ同内容で講演をしていて、それを主催者が書き起こしてまとめてくださっていたのです。
この講演は、東京にある社会福祉法人「しおん保育園」の研修会でなされたものです。「しおん保育園」は、キリスト教に基づき、保育園ふたつと地域子育て支援センター、そして障がい者のための「しおん学園」を運営しています。理事長の早川寿美子さんともうお一人の先生が、若いころ札幌で月寒教会に通っていて、その時以来ふたりとも両親と親しく交流してくださっています。そのつながりで研修会の講師に呼んでくださっていたのです。結果的にこれが父の生涯最後の講演となりました。
 「しおん保育園」の関係者は、毎年夏、石狩に「合宿」に来ているそうです。昨年7月の合宿の際、はじめて北部教会の礼拝にみんなで出席してくださいました。今年もまた礼拝に出たいと連絡がありました。神様のふしぎな導きとはからいを感謝しながら、共に主の前に出て礼拝をささげたいと思います。

2019年7月14日 (日)

北部日記 7月14日

 参議院選挙が行われます。ニュースでも、選挙運動のようすや、各党の掲げる政策・主張が報じられています。先日、礼拝後に「選挙カフェ」を行って、いまの社会状況や、何をだいじにして投票したらいいか、クイズ形式で楽しくわかりやすく考える時をもちました。
 しばらく前のことです。道外の教会に通うある方と話をしていたら、「憲法には『政教分離』が定められているから、教会では政治の話をすべきではない」と言うので、「それは『政教分離』の意味を取り違えていますよ」と、思わずいきおいこんで語ってしまいました。
 「政教分離」は、とくに西欧の長い歴史の中で形作られてきた、社会の知恵です。かつては政治(国家)と宗教(教会)がつながっていたために、宗教戦争や宗教弾圧など、悲惨でむごいできごとが繰り返されてきました。そういった悲惨を避けるために、教会(宗教団体)と国家(政府)が互いを利用したり干渉したりしない、というルールが形作られてきたのです。
「政教分離」のありかたは、国によって、その歴史的経緯から少しずつニュアンスが異なります。教会の力が強かったフランスでは、「宗教が政治に介入しない」ことを主としているといいます。多様な移民から成り立ったアメリカでは、「政府が特定の教派(宗教団体)に基づくものとならない」ことが出発点です。日本国憲法は、戦前の歴史を踏まえ、「国家が宗教を利用・干渉しない」ことを厳しく定めています。
 教会は、国家の干渉・介入をしりぞけつつも、信仰と愛にもとづいてこの世の苦悩や重荷に目を向け、それをどう担い、また解決していくべきか、考えまた語っていくつとめを負っているはずです。

2019年7月 7日 (日)

北部日記 7月7日

 教団で発行している月刊の『こころの友』は、毎号の1面で、各地でよい働きをしているキリスト者を紹介しています。この7月号では、三浦結さんがとりあげられました。自然環境を学んでいましたが、今は高校の教師として生徒たちに自然の奥深さを教えていることなどが書かれています。留萌宮園伝道所の三浦忠雄牧師のご子息です。
 三浦結さんが勤めているのが、母校でもある山形県の基督教独立学園高校です。無教会派の信仰者、鈴木弼美(すけよし)によって創立され、聖書と自然と労働を通し、聖書の示す平和と正義を求める教育方針によってユニークな教育を実践している学校です。全校生徒約70名の少人数教育で、全員が寮に入り、勉強と共に農作業や炊事・洗濯など、共同生活を営んでいます。
 先日、この学校で3年生となった息子から相談がありました。毎年、3年生は、3週間近くにわたる修学旅行に赴きます。どこに行き何をするか、自分たちで計画を立てて準備します。今年は北海道で農業体験や知床の自然観察を行い、最後は札幌に来て北部教会に宿泊したいというのです。役員会にはかって了承しました。
 一行は引率の教師を含め23名、寝袋持参、食事は自炊で、北部教会の礼拝に出席した後、午後は博物館見学などに赴きます。うどん食堂は壮年会が担当ですので、得意のカレーライスをたっぷり準備する予定です。また、この日の夜には壮年会・女性の会で協力してチャリティー・ジンギスカンを行うこととしました。次週の教会は若い人たちであふれることでしょう。

2019年6月30日 (日)

北部日記 6月30日

 昨年9月、北海道を大きな地震が襲いました。わたしたちの教会では、これまで他地域での災害の支援に関わったことはありましたが、自分たちが大きな災害を経験したのは初めてのことでした。こうした緊急時に教会としてどう対応すべきか、じつはほとんど備えがなされていないことに気づかされました。
 まず、今回の地震のように、突然広範囲で襲う災害の場合、教会員の安否確認が急がれます。役員会で相談し、ある程度の手順を確認しました。場合によっては、安否確認の後、緊急の支援が必要になるかもしれません。
 地震だけではありません。「教会が火事になったら」「大雨で洪水になったら教会は大丈夫?」「集会中に誰かが倒れたら」「猛吹雪でとじこめられたら」などと、「緊急時」 もいろいろ考えられます。
 また、地震のような大きな災害が起こった場合、地域の人たちが教会に避難してきて、一定期間を過ごすようなこともあるでしょう。教会の災害時の働きについても考えておく必要があります。
 今日の午後、「災害時の対応」について教会懇談会を行います。「火事の場合の対応」「ハザードマップの確認」「教会員の安否確認の手順」などを聞いたあと、そのほかの課題など気になることなどを話し合います。
 今回は都合がつきませんでしたが、「救急救命の訓練」「AEDの使い方」など、まだまだ取り組むべきことはあるでしょう。少しでも意識を高めていくことで、大切なひとつの命を守ることにつながればと願います。

2019年6月23日 (日)

北部日記 6月23日

 毎年6月に「野外礼拝」を行っています。何年か雨が続き、「野外礼拝はもうやめようか」との声もあったのですが、昨年は久しぶりに百合が原公園で行うことができました。
 野外礼拝の場所は、もうずっと「百合が原公園の芝生広場のサイロ展望台の前」としてきました。ところが、今年は、サイロ展望台のまわりが立ち入り禁止となってしまい、これまでの場所で行うことができません。とはいえ、広い芝生広場です。場所を見つけるのは難しくはありません。新しい景色の中で、神さまの創造のみわざを感じながら礼拝を献げたいと思います。
 さて、サイロ展望台が立ち入り禁止となったのは、昨年の台風21号および胆振東部地震の影響です。安全性があやぶまれ、のぼることも近づくこともできなくなりました。
 昨年の夏は、全国的に災害が続きました。大阪北部地震、台風21・22号、西日本豪雨、そして北海道胆振東部地震と、心が休まりませんでした。大阪北部地震からちょうど1年となる6月18日の夜、山形県沖地震が起きました。教会関係では特に被害は報告されていませんが、多くの人々が不安の中にすごしています。
 天地を創造された神さまのみわざは、美しい野山を作り、いのちをはぐくむ恵みを備えてくださっています。しかしまた、いのちを脅かし、災いをもたらす巨大な天地のいとなみもまた神さまの御手から離れたものではありません。わたしたちの思いを超えた神さまの力とみわざを前に、謙虚に助けと守りを願って祈るのです。
 

2019年6月16日 (日)

北部日記 6月16日

 教団のつとめで、この1か月ほど、あちこちに出かけています。
 バザーのあと東京に飛び、西東京教区の総会に出席。会場は母教会の国分寺教会です。なつかしい会堂で、案内された席は、ちょうど昔いつも座っていたあたり。ふと横を見ると、木の柱に古いひっかき傷のような跡があり、かすかに「そらち バカ」と読めました。昔の教会学校の生徒の誰かのしわざでしょう。なんだか心に刺さりました。
 仙台での東北教区の総会では、東日本大震災以来、さまざまに協力を重ねてきた多くの人たちと再会しました。会津放射能情報センターの片岡輝美さんも議員として参加していて、「北部教会と太平こどもの家の皆さんにくれぐれもよろしく」とのことでした。また土谷良泉牧師にもお会いしました。北部教会の人たちの消息をあれこれお伝えすると、なつかしそうに喜んでくださいました。
 関東教区はぐっと規模が大きく、大宮駅前のモダンなホールが会場です。ここでは神学校の同級生の牧師たちに久しぶりに会って、近況を報告したり、他の同級生の消息を伝えあったりしました。
 先週は、教団の「新任教師オリエンテーション」。この春、初めて教会に赴任した教師たちの研修会です。かつて、自分が新任教師だった時には、たしか七十人以上の参加者がいましたが、今回はその半分程度。それでも、思いのほか若くはつらつとした人たち、とくに女性の元気な教職が多いことを頼もしく感じました。
 出かけるのはなかなか大変ですが、行った先々で、懐かしい再会や新しい出会いを味わっています。

2019年6月 9日 (日)

北部日記 6月9日

 子どものころ通っていた教会に、「こども文庫」がありました。絵本から小中学生向けの読み物まで、いま思い出してみてもかなり質の高い児童書がそろっていて、多くのよい本と出会いました。
 あとで知ったのですが、「こども文庫」に携わっていた人たちは、「こどもたちが本を読む習慣と力をつけて、やがて聖書を自分でしっかり読むようになってほしい」と願っていたそうです。
 キリスト教、とくにプロテスタントの信仰は、「自分で聖書を読む」ということを重んじます。聖書のことばを読み、ことばで信仰を学び、理解し、考え、そしてことばで信仰を告白し、祈り、証しを語り、伝えます。キリスト教が「ことば」の宗教といわれるゆえんです。
 しかし、キリスト教信仰の伝統には、「ことば」以外の要素もゆたかに存在してきました。神の力やそのみわざ、愛のみこころ、栄光や恵みを、ことばを超えて感じとるために、古来さまざまな手だてが実践されてきました。瞑想や沈黙の祈り、音楽や踊り、香りや色彩、光、さまざまなシンボル等々。先日、パリのノートルダム大聖堂の火災のニュースが世界に衝撃を与えましたが、古くから礼拝堂もまた神を感じるような空間として建築されてきました。
 このように、ことばによらずに「神を感じる」感性や実践が「スピリチュアリティ(霊性)」として近年世界中の教会で注目されるようになっています。わたしたちの教会では、もっぱらことばによる信仰生活が中心ですが、聖霊は「ことば」以外の手段を通しても人に働きかけることができることを心にとめたいと思います。  

2019年6月 2日 (日)

北部日記 6月2日

 先週日曜日は教会バザーでした。この日の北海道は記録的な暑さ。準備の段階から、暑さでだれか倒れるのではないか、お客さんも出足が鈍るのではないか、食品がいたむのではないかとあれこれ心配がつのります。また、このところ教会でバザーに携わることができる人が減ってきて、とくに青年会の持ち場は人手不足が心配でした。
 それでも、ふたを開けてみれば、いつもどおりてきぱきと準備も進み、おおぜいのお客さんを無事に迎えることができました。青年たちもこのときばかりと駆けつけて屋台で汗を流します。この日、礼拝に初めて来られた方まで喫茶コーナーの売り子にかりだされていました。暑さしのぎに冷たいジュースを買ったら、「いらっしゃいませ。ありがとうございます」とにこやかにお礼を言われ、なんだか立場がまったく逆。
 今回も北部教会以外からも多くの出店をお願いしました。札幌元町教会・東札幌教会・新発寒教会はもうすっかり常連です。「今回は新商品がありますね」「教会のようすはどう?」と、会話がはずみます。また、いつもおなじみの「中標津伝道所チーズ」「道北センターはちみつ」など、商品を通じての交わりや支援も続いています。
 教会以外では、いのちの園・フェアトレード・NICO葉夢・こどもの家OB会などの常連さんのほか、今回、OB会の関係から初めてガールスカウトのコーナーも出店がありました。
 バザーは、ただ資金作りの手段というだけでなく、出会いと交わり、支援と連帯の場でもあります。さらに幅広く地域にも根付いていくことを願っています。

2019年5月26日 (日)

北部日記 5月26日

 先週月曜日の晩、札幌駅から高速バスで苫小牧に向かい、夜中にフェリーに乗りました。朝、八戸港からまたバスに乗り、3時間ほどで盛岡に。昼から2日間にわたって行われる奥羽教区総会に、教団の問安使として出席するためです。
 日本基督教団の各教区の総会には、教団の役職者(議長・副議長・書記・総幹事)が手分けして問安使としておもむき、教団の活動について説明し、また意見を聞くことになっています。これまで教団運営に対して批判の意見も挙げたりしてきたのですが、こんどは教団について弁明する立場となってしまい。どうにも居心地よくありません。それでも、奥羽教区は北海教区とは隣の教区として交流を重ね、見知った顔もおおぜいいます。温かく迎えてくださってねぎらいやいたわりのことばもかけていただき、初めての問安使のつとめを無事果たすことができました。
 総会には、かつて北部教会に客員として出席していたUさんが、議員として出席されていました。「北部教会の皆さんにくれぐれもよろしく」とのことです。また、山*さんが以前所属していた三本木教会から、昨年、山*さんを訪ねて北部教会の礼拝においでになったSさんも議員として出席されていました。
 総会が終わった後、盛岡駅からこんどは新幹線と特急を乗り継いで、なんとかその日のうちに帰宅できました。
 さて今週は、西東京教区・東北教区・関東教区の総会を順に訪れることとなっています。しばらく留守になりますが、ご理解ください。
 

2019年5月19日 (日)

北部日記 5月19日

 水曜日午前の祈祷会では、月刊誌『信徒の友』の記事から学んでいます。近年の『信徒の友』は意欲的な特集・連載が多くて読みごたえがあり、どの記事をとりあげようか迷うこともしばしばです。
 4月から新連載「シリーズ 性 LGBTから学ぶ」が始まりました。「LGBT」とは、同性愛者や性同一性障害など「性的少数者」のことです。最近、LGBTをめぐる社会的課題が話題となることも多くなり、ドラマやコミックでもひんぱんに取り上げられています。しかしキリスト教会では、とくに信仰とのかかわりでどう受けとめたらいいのか、戸惑いや違和感が大きく、むしろ反発や拒絶の反応もまれではありません。
 旭川にいたときのことです。かつて東京で地区の教会青年として共に活動していたひとりから久しぶりに「会いたい」と連絡がありました。駅前で待っていてもそれらしき姿はありません。ふと気が付くと、近くに、女装の彼がいました。「説明ぬきでこういう姿を示したのは初めて」と、幼い頃からずっと苦悩していたことを教えられました。また最近も、かつての同級生が体と心の性の不一致を抱えていたことを知らされました。「性」をめぐって、親しい人々からも自分自身を隠し、不安や苦悩を抱えている人々が身近にいることを実感しています。
 信仰と性について考えるための本を紹介します。実力ある執筆陣による『10代のキミへ いのち・愛・性のこと』(教団出版局)は、読みやすく、おとなが学ぶのにもよい本です。平良愛香牧師の『あなたが気づかないだけで神様もゲイもいつもあなたのそばにいる』(Gakken)は、著者自身の歩みを率直に示し、思いのこもっただいじな本です。一読ください。

より以前の記事一覧