カテゴリー「北部日記」の記事

2018年6月17日 (日)

北部日記 6月17日

 明治の初め、新しい国家や社会のありかたをめぐって「自由民権運動」が盛り上がり、これから日本がどんな国となっていくべきか、全国各地で議論がなされました。その結果が、民間の憲法案としていくつも残されていますが、そこには、「私たちの国をこう作ろう」という理想と熱意がこめられています。
 そうした憲法案のひとつに『五日市憲法』があります。東京西部の五日市という町の旧家の土蔵から、1968年に大学の調査で原稿が発見されました。その内容は、国民の権利を尊重し国家権力を抑える非常に先進的なものでした。
 この「五日市憲法」を発見した学生、新井勝紘さんは後に研究者となり、つい先日、『五日市憲法』(岩波新書)という本を公刊しました。そこには「五日市憲法」の内容の紹介と共に、この憲法案を記した千葉卓三郎という人物についてもくわしく記されています。
 千葉卓三郎は、1883年、31歳で亡くなっているのですが、五日市で教師をしながら仲間たちと熱く議論を重ね、この憲法案をまとめることに全力を注ぎました。彼は幕末に仙台で生まれ、明治維新後、キリスト教(ロシア正教)の信徒となり、熱心な伝道者となります。その後もキリスト教や他のさまざまな学問を学び、ついには国の将来の理想を画期的な「五日市憲法」に書き残したのでした。
 憲法改正が論じられる今、自分たちの国と社会のありかたについて信仰者としてどう考えるべきか、先人たちから問いかけられているようです。

2018年6月10日 (日)

北部日記 6月10日

 こどもの頃、教会学校でいっしょに育った友人が、牧師となって岩手のM教会で働いています。昨年の秋、北海教区の東日本大震災支援委員会で被災地を訪問した際、当初の予定にはなかったのですが、移動の途中でちょっとだけ立ち寄りました。
 ちょうど教会の保育園のクラス礼拝の時間に重なっていて、牧師本人に会うことはできませんでした(窓からそっとのぞいてみました)が、保育園の園長先生がにこにこと出迎えてくれました。ごあいさつをすると、「北海教区には大変お世話になっています。実は、妹が、島松伝道所にいまして、牧師をしています」。なんと島松伝道所の辻中明子牧師のお姉さまでした。言われて見れば、そっくり・・・。みんなでいっしょに記念写真を撮りました。
 島松伝道所に辻中牧師ご夫妻が赴任して20年以上になります。「こどもと共に」「障がい者と共に」といった取り組みを、北海教区の中でも先駆的に進めてきました。小さな群れですが、決断をして3年前には古い会堂の大規模改修を実施しました。地区や教区のみならず全国からの協力献金に支えられて、会堂でのコンサート、べてるの家とつながる「当事者研究」、教会を通じて野菜を販売する「野菜だより」など、ゆたかな活動を展開しています。
 2006年には北部教会のCSキャンプで島松伝道所を訪れ、いかだを作って川くだりをして楽しみました。辻中明子先生は十数年ぶりの北部教会での説教です。古くからの交わりに新しい出会いを重ねましょう。

2018年6月 3日 (日)

北部日記 6月3日

 わたしたちの教会が新会堂の建築と教会の移転を決議し、工事の準備にとりかかったのが、ちょうど10年前の今ごろでした。翌年3月には、新会堂の献堂式と前後して旧会堂がとりこわされ、跡は更地となりました。
 今、旧会堂の跡地は資源ゴミの回収拠点となっています。ある方が、「北部教会の創立当初、榎本栄次牧師が資源回収をして資金づくりをしていました。その教会の跡地がまた資源回収に利用されるとは、神さまは、おもしろいことをなさいますね」とおっしゃいました。
 きょうは、北部教会の創立記念日礼拝です。北部教会の創立当初、開拓伝道に携わった榎本栄次牧師とご家族はもちろんのこと、集まってきた信徒たちも教会の形成・運営のために大きな労苦を担いました。教会につながるみんなで教会を形作り、その働きを積極的に担うことは、以来、北部教会の力強い“家風”となっています。
 教会のバザーも、そういう力の発揮される場面です。かつては「太平子どもの家」の運営のために、子どもの家の保護者も協力して盛大なバザーが行われ、一日で数十万円の収益があったといいます。最近では収益こそかつてほどではありませんが、やはりおおぜいの人たちがかかわり、また訪れています。先週のバザーも、天候に恵まれ、楽しいにぎわいとゆたかな交わりの時となりました。
 教会創立から43年目の今年、太平子どもの家は40周年を迎えます。秋には記念行事を行う予定です。そろそろ準備にとりかからなければなりません。またみんなで労苦と喜びを分ちあう機会となるよう願っています。

2018年5月27日 (日)

北部日記 5月27日

 先週はペンテコステ礼拝でした。こどものお話では、弟子たちがさまざまな国のことばで語りだしたペンテコステのできごとにちなんでいろいろな言語の聖書を紹介しました。こどもたちが、いつか、狭い日本からとびだして、いろいろな国の人々と交わり、神の創造されたこの世界の広さ多様さに出会ってほしいと願っています。
 また、山**子さんが八王子栄光教会から転入されました。礼拝の中で山*さんご自身にご挨拶をいただきましたが、ゆっくりゆっくり語られる一言一言に、会衆一同が真剣に耳を傾け、空気がぴんとはりつめるような時間でした。祈りのあと、ひとりひとり歓迎の握手をしたときは、うってかわってやわらかくなごやかな雰囲気に満たされました。
 聖餐式も行われました。いつものようにパンのかたまりを二つに裂き、配餐者が会衆席を回るとめいめい自分の分をちぎりとります。ところが、それとともに、くすくすと笑う声が広がっていったのです。
 実は、いつも聖餐式にはKさんがパンを焼いて献げてくださっているのですが、この日はKさんのつごうが悪く、市販のパンを用意していたのです。ところが、Kさんのパンとは違って皮がかたくてなかなかちぎりとることができず、みんな驚きとまどって思わずくすくす笑いになってしまったのでした。
 思いもよらないできごとで会堂の中に静かなざわめきがしだいに広がっていくありさまは、まるで聖霊の風が喜びをふりまきながら教会を吹きわたっていくようにも聞こえました。

2018年5月20日 (日)

北部日記 5月20日

 この太平に住むようになって驚いたのは、風が強いことでした。それまで住んでいた旭川は盆地で風のないところです。それにくらべ、このあたりは海側からさえぎるもののない大地を風がふきわたってきます。昔から防風林が作られてだいじに維持されてきたのも、それだけ風の脅威にさらされてきたということでしょう。
 こどもの頃、よく自分でたこを作りました。竹ひごを組み合わせて障子紙をはり、しっぽをつけただけの簡単なものですが、近所の川原に行ってはひとりたこをあげて遊んだものです。今、この太平あたりならさぞかしよくあがるだろうなと思いながら、ついぞたこを作ることもしないままです。
 たこは、風にのるとぐんぐん揚がっていきます。糸巻きの糸がほとんど全部くりだされ、たこが見えないほど遠くになっても、糸をもつ手には凧の動きが伝わってきます。風の作用でひっぱられたりゆるんだり、バランスを崩してくるくる回ったりさかさまになったり、目をつぶっていてもわかるほどでした。
 今日はペンテコステ礼拝、聖霊が弟子たちの群れに与えられたできごとを思い起こすときです。聖霊はしばしば「風」としてあらわされます。そういう聖霊について思いをいたすとき、いつも、あの風にのって天高く運ばれていく、たこのようすと、一本の細い糸を通じて伝わってくる風の息づかいを思いだすのです。私たちの心も聖霊によって高くあげられ、また天の高みに吹く風のふるまいを地にあって感じとる感性が与えられるよう求めたいと思います。
 

2018年5月13日 (日)

北部日記 5月13日

☆元北部教会牧師の小西二巳夫牧師は、新潟の敬和学園高校長と理事長を退任、高知県の清和女子中高の校長として赴任されました。
清和女子中高のサイトには、「今年度から新しく着任した小西二巳夫校長が、入学生一人ひとりと握手をして入学礼拝は始まりました。今年度から式典はすべて壇上からのお話しではなく、生徒たちと目線を同じにした形で行います。清和は小西新校長の元、『生徒ひとりひとりを大切にする学校』として2018年度をスタートします。」とありました。さっそく小西校長カラーが打ち出されているようです。
敬和学園の理事長には、北部教会初代の榎本栄次牧師が就任しました。関西セミナーハウスの館長も続け、必要に応じ新潟に赴くようです。
☆これから諸教会の就任式や創立記念行事が続きます。
5月20日 野幌教会創立70周年
6月 3日 余市教会西岡知洋牧師就任式
6月10日 札幌元町教会創立50周年
6月17日 新得教会西間木公孝牧師就任式
6月24日 十二使徒教会坐間豊牧師・名寄教会日向恭司牧師就任式 
7月 1日 麻生教会上森俊明牧師就任式
7月 8日 札幌中央教会岸敬雄牧師就任式
7月15日 旭川六条教会後藤正敏牧師・厚別教会石田歩牧師就任式
 諸教会の兄弟姉妹と喜びをわかちあう交わりの機会です。ぜひ足を運んで顔をあわせ、互いに励ましあいましょう。

2018年5月 6日 (日)

北部日記 5月6日

 先週、北海道各地の教会や関係学校・諸団体の代表が北光教会に集まり、北海教区の総会が開催されました。
 総会では、新しく小西陽祐牧師が教区幹事に選任され、開会礼拝の中で就任式が行われました。8年間幹事を務められた日向恭司牧師は、今後は名寄教会の牧師として働かれます。
 今年は三役の選挙はありませんでしたが、常置委員選挙が行われました。任期途中で辞任した常置委員の補充もあわせて行われ、板谷良彦さんが任期一年の常置委員に選出されました。
 兵庫教区の大仁田拓朗議長の臨席のもと、兵庫教区と北海教区の宣教協約が可決されました。5月の兵庫教区総会でも可決されれば、正式に協約締結ということになりますので、北海教区からも議長と幹事が赴き、締結式に臨みます。
 総会二日目の朝、昨年20周年となったアイヌ民族情報センターの活動報告の時間をとりました。その中で、アイヌ民族の方にお話をうかがうことができました。「北海道150年」の歴史の中でアイヌ民族がたどった道のりや、遺骨返還運動など、この地に生きる者たちの重く大きな課題として一同で耳を傾けました。
 「アイヌ民族の権利回復」のほか「憲法9条改正反対」「天皇即位に際し国民主権・政教分離を守る」といった内容の特別決議が採択されました。
 総会は、議事を審議するだけでなく、教区につながる一同の交わりの機会でもあります。再会を喜び楽しみ、これからの働きを励ましあいました。

2018年4月29日 (日)

北部日記 4月29日

 先週の教会総会では、昨年一年間の教会の活動の報告を聞きあい、新年度にむけて新しい歩みを踏みだしました。
 主題に関連し、礼拝に集うことが難しい人も、教会の交わりに参加できるよう、たとえば平日の夜に集まる機会をもっては、との意見がありました。
 新年度計画に関連して、バザーの日程が話題となりました。このところ春のバザーは5月下旬に行っていますが、「小学校や幼稚園の運動会とぶつかって計画しづらい」という指摘がありました。このような日程になった経緯や、現在の状況を確認し、次年度以降の日程についてあらためて検討していくこととなりました。
 また今年度、「太平子どもの家」が40周年を迎えます。太平子どもの家運営委員会では、40周年にあたり、「資料・記録の整理」「9月のバザーを記念バザーとして」「10月にお祝いの集いを」といったことを計画しています。教会員や後援会・OB会などの協力が必要です。
 新しい役員4名が選出されました。2年の任期で教会の大切なつとめにあたります。教会員それぞれ、役員のためにお祈りください。
 総会の場で、教会の備品の管理について提言があり、さっそく総会後の新旧役員懇談会でも検討されました。教会の主な備品をすべて台帳などで記録・管理していくのは現実には難しいけれど、少なくとも今なにがあるのか、機会を作ってみんなで確認していこうということになりました。
 新年度、さまざまなできごとを通して、教会の信仰と生活と交わりと働きとがゆたかに形作られていくことを信じ、主に期待して共に歩みましょう。

2018年4月22日 (日)

北部日記 4月22日

 先週日曜日の午後、北部教会を会場に町内会の総会が行われました。この町内会には約400世帯が属していますが、総会には数十名が出席しました。最近引越して来られたのでしょうか、初めて見る方も何人かいたようです。もしかしたら、その方にとっても、キリスト教会の会堂に足を踏み入れるのは初めての機会だったかもしれません。少しでも教会への敷居が低くなればいいですね。
 今年度、町内会では、「サロン活動」を始めることとなりました。今、さまざまな地域で「サロン活動」が進められています。地域の人たちが集い、いろいろな内容の活動を楽しんで、交流を深め、支えあう関係を形作るのが目的です。札幌市では「年に10回以上」「約20人以上」「特定の活動に固定しない」といった条件を満たす活動に助成金が交付されます。ここの町内会でも何回か試行を重ね、今年度から正式に開催を決定したのです。
 さっそく、どんな活動にするか、準備の話し合いが行われました。サロンの会場は、もちろんこの教会です。「こどもからお年寄りまで集えるように」「健康体操のあと、お茶とお菓子でおしゃべりを」「昔の歌をうたう集いは」「こどもといっしょに昔の遊びを」「ボードゲームや囲碁将棋、かるた大会など」「ろくろく公園でお弁当をいっしょに」「ジンギスカンもできる」「お漬物自慢大会を」など、いろいろなアイディアが。
 地域の人たちにとって、この場所がますますなじみ深い、大切な場所になってくれたらと願います。できれば、目を引くきれいな教会のパンフレットも作って置いておきたいですね。

2018年4月15日 (日)

北部日記 4月15日

☆来年1月の年頭修養会は札幌地区が担当です。先週、第5回の実行委員会が行われました。プログラムについて、北海教区長期宣教計画の柱である「革新」「連帯」「平和」に基づいて構成しては、という案が出されて話しあいました。また、ぜひ小グループで話し合う時間をとりたいとの希望もあります。今年度、札幌地区では、1月の年頭修養会に先立って、札幌地区の集会を「プレ年修」と位置づけて、年修の予行をするアイディアもあります。いろいろな形で年修に「参加」する機会が備えられます。ぜひ積極的に加わっていっていただければと思います。
☆年頭修養会実行委員会には、この4月に札幌地区の教会に着任された四名の牧師たちも出席し、顔合わせのあいさつをかわしました。6~7月には就任式が続くことになります。ある方が、「他の教会の就任式に出席すると、自分が北海教区につながっていることを実感する」と言っていました。あちこちの就任式に足を運び、顔をあわせ、わたしたちがひとつに結ばれている幸いと喜びを味わいましょう。
☆あるところから、関西学院大学神学部の『地域福祉と教会』というブックレットの書評を依頼されました。「地域福祉」とは、「地域で困窮している人を支援するため、その地域の個人や団体・組織が協力して取組むこと」を意味します。主にホームレス支援の活動をとりあげた内容でしたが、私たちの教会の「太平子どもの家」の働きにも通じる示唆がいろいろ含まれていました。太平子どもの家の新年度が始まります。40周年を迎え、これからの時代にむけて導かれていくことを願います。

より以前の記事一覧